2005年12月17日

少年による凶悪犯罪は増えているか

今、フジテレビで「凶悪犯罪防止のためのゲーム規制は必要なのか」という特集をやっています。
で、その内容が目ウロコ。多少、補足を含めてまとめると、

・最近10年ぐらいの統計を見ると凶悪犯罪は増えているが、終戦後や昭和30年代の方がはるかに多く、昭和40年ごろから急減(数分の1)しており、最近になってちょっと増えているという動き。大きなトレンドとしては大きく減少。
・凶悪犯罪とは殺人、婦女暴行、強盗、放火だが、増えているのは強盗だけ。他は減っている。
・年代別の殺人件数をグラフ化すると、どこの国でもほぼ同じ(だから「ユニバーサルカーブ」と呼ぶ)。形としては、10代後半から20代前半が極端に多い。
・が、最近の日本はほぼフラット。つまり今の若者は「史上まれに見る“殺さない若者たち“」である。
・今の若い世代は昔よりもおとなしいというのが正確なところ(ではないか)。
■2006/5/22追記:<参考ブログ記事:「関心空間」さんの「ユニバーサル・カーブ」>■
posted by つきっつ at 00:58| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。