2006年01月18日

こういう分析を日本のマスコミも...

日経新聞より(こちら)。
消えてしまうかもしれないので、全文引用します(短いので許して...)。
英FT紙社説「堀江氏のような人、日本に必要」

 【ロンドン=野沢正憲】18日付の英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙は「年老いた守護者の復讐(ふくしゅう)」と題した社説で、ライブドアの証券取引法違反事件を取り上げた。捜査結果はともかく、日本には「堀江貴文社長のような旧体制の破壊者がこれからも少なからず必要だ」と論じた。同紙は事件発覚により、フジテレビ問題以来、堀江氏を疎ましく思っていた「企業社会の体制派たちは復讐の味を味わっている」と指摘した。 (12:04)
posted by つきっつ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷静なフリをしていますが

冷静を装ってライブドア関連の記事などを書いている私ですが、オノレの未熟さのために、昨日と今日で誰にも言えないくらいの損失を株で出しています。ごくごく傷が浅いうちに撤退しようと思えばできたんですが、なぜか「どうせライブドア関連だけの問題でしょ。他への波及は単なる一過的なパニック」とノンビリかまえていたら大変なことに...
posted by つきっつ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そういう話ならば、わかる(ライブドア強制捜査)

このパニックはなにごとか、と立て続けに文句を書いた私ですが、どうやら「不正」のポイントは株価を上げるためにウソをついて、高値で売り抜けた、というところなんですね。
で、それが会社の体質であり、恒常的に行われていた、と。
posted by つきっつ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。