2005年11月30日

<仮エントリ>世間知について考える

finalventさんが耐震設計偽造問題に関連して「世間知」について触れていらっしゃいます(こちら)。
「正論」である「xxが悪い」という話とは違う視点で(だと私は思います)「世間知」について書かれてあるのですが、とても大事な話だと思い、コメント欄を見て方向がずれているものが多い気がして少し失望し、じゃあ失望したと思うなら自分で何か書けよな、と自分にツッコミを入れ...

仕事が終わったら、少し書いてみようと思います。自分の立ち位置確認として。

たぶん、ポイントその1はこれ。
世間知というのは正論にはなれないし、公言しちゃだめなものだ。というか、およそ公言する資格が与えられていない。回転ドアを通るときは子供の手を離しちゃだめよ…なぜってXXX 、鬼も十八な娘さんがそんな胸を強調したかっこでクラブに行っちゃだめよ…なぜってXXX 、マンションを買うときは管理組合をよく考えなさい…なぜってXXX 以下略。
その2は、finalventさんが炎上を避けるために(よりもおそらくは議論や批判が間違った方向に進まないために)、いろいろと工夫しなければならないということ。

その3は、山本夏彦さんを思い出すなぁということ。

危険なテーマなのかもしれませんが、やはり避けてはいけないと思うので、自分にプレッシャーをかける意味で書きます宣言。
って、ほかの方のエントリを見て書くような「二番煎じ野郎」なので大した中身にはなりそうにないですが、ま、なんというか、そう、避けてはいけないと自分に言われている気がして。
posted by つきっつ at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遂に火中の栗を拾いますか。
えっと、マジで言うと、資料として、業界の実情とか内部情報とか、建築士側の意見とかなら提供できます。うちはその点で近すぎて、ある意味気安く書けないんですよ。卒業論文になっちゃう。んで、私としては
>炎上を避けるために
の配慮がもう、死ぬほど鬱陶しいんです。弱気で何ですが(藁)。炎上ももう怖くはないけど(いざとなりゃ閉めりゃいいもん)、ホントに鬱陶しい。気分的に「あんたらなあ……人が書いたのの何読んでるの?」って暗澹たる思いになるのが白状しちゃうと耐えられないだろうなあと。
それと
>山本夏彦さんを思い出すなぁということ
爆藁。私も思いました。
Posted by acoyo at 2005年12月01日 21:57
おぉぉ。
>爆藁。私も思いました。
うれしいです、ハイ。
それ以上言うとあの世の夏彦翁にダメ出しされそうなので言わない、ってことで。
Posted by つきっつ at 2005年12月02日 02:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。