2005年12月09日

東証のシステムの仕様って、これでいいの?

ちょっとまとまってないのですが、放っておくと忘れてしまうかもしれないので、未来の自分のためにメモ。

話題になっているみずほ証券による誤発注問題。
知らない方のため、あんど、未来の自分のためにまとめると、
・12/8新規上場のジェイコムという会社の株があった
・みずほ証券の担当者が61万円で1株売ろうとした(きっと顧客からの委託注文)
・が、1円で61万株と入力してしまった
・ネット証券を使った一般投資家だったら「あなたは61万株も持ってないでしょ」というような警告が出る(なにせ発行済み株式数の40倍)
・しかし、専門家向けのシステムだから警告は最低限(推測)
・それでも警告は出たそうだが、どうやら「狼少年」扱いされていたらしく、そのままGo!
・間違いに気付いて取り消そうとしたが取り消せず(ここ重要)
・で、価格はどかーんと下がり、初値から10万円下のストップ安に
・あわてて買い戻したみずほ証券や、「誰かが誤発注したぜ。買い戻してくるからチャンスだ」とすばやく買いに走った人たちの買い注文で、今度はストップ高に

という感じです。

で、みずほ証券の損害は300億以上と言われているのですが、なにせ発行済み株式数の40倍もの株、つまり存在しないものを大量に売ってしまったので、買った人に渡せないんですよね。
その処理も考えると損害はまだまだふくらみそうです。

みずほフィナンシャルグループ全体で負担するらしいので、社員は1万人...いや5万人としましょうか、平等に負担するとひとり60万円。かわいそう...

で、元ソフトウェア関連の技術者として気になったのは、中国新聞のこの記事(こちら)。
みずほ証券は8日午前、ジェイコム株を1円で売る注文を出した後、誤りに気付き、1円での売り注文を取り消そうとした。しかし、ジェイコム株は、この時点で初値である67万2000円プラスマイナス10万円の値幅制限内でしか取引できないため、みずほの出した取り消し注文は無効とされたという。
1円の注文を東証が受け付けることができたのは、ジェイコム株が上場初日で前日の終値を基準にした値幅制限がなく、
そのため1円だろうが1億円だろうが「システム的にはあり得る」という前提だったから
・で、その状態のときに1円で発注した
・しかし、取り消そうとしたらすでに初値672,000円が決定済みで、そこから上下10万円の価格しか受け付けない状態になっていた
ということのように読めるのですが、すでに存在している「1円」という注文をなぜ取り消せないのかわかりません。

チャートを見ると、ストップ安に30分ほど張り付いています。つまり、あまりに売り物が多く、売りと買いのバランスが取れないので、売買を成立させずに保留している状態です。
このときになぜ、売り注文をキャンセルできないのかが、私には理解できないんですよね。

このシステムが東証の意図したとおりであるとすると、東証が定義した仕様は次のようになるかと思います。
「制限値幅が存在しない状態で受け付けられた注文は、注文受け付け後の売買によって制限値幅が決定され、その範囲外に価格が存在する場合、取り消すことはできない」

うーん、、、通常のストップ高張り付き状態では、注文を出したり取り消したりなんてみんなやっているのに、なぜこの場合だけ禁止されるんだろう。

東証の仕様ミスじゃないのかなぁ。それとも私が何か重大な見落とし、考え違いをしているんでしょうかねぇ。
■12/10追記:今日の新聞記事から、「初値が付いた後は、1円の売り注文も値幅制限下限の57.2万での売り注文となるので、取り消しは57.2万という価格を指定して実行する必要がある。しかし、1円での売り注文取り消しを試みていたので、失敗した」とわかりました。
ナルホド。ちょっと補足記事を書きます。■
posted by つきっつ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10441978
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。