2005年12月12日

怪しい決着

ジェイコム誤発注問題は、東証のシステム「にも」問題があったということで、トップの進退問題(ほかにも大きなトラブルがありましたからね)につながりそうです。
で、新聞記事を見て回ると、「1円」という指値を「572,000円」に「見なす」処理がうんぬんと書かれているものもあるのですが、その先の詳細は書かれていません。

前回の記事に書いた「東証のシステムの仕様は、こうなっているらしい」というのは、
1. 指値注文を取り消すには、指値を指定する必要がある。

2. 初値決定後、(決定前に受け付けられた)値幅制限外の指値注文の指値は、制限の上限または下限の価格に変更される。
でした。

1番目の点は基本的なことなので、きっと誰でも知っているのでしょう。というか、日常的に行っている操作のはず。

で、問題は2番目の点ですが、これが証券会社に周知徹底されていたのなら、そして、もしシステムがその仕様どおりに動いていた、つまり、みずほが「572,000円で61万株の売り注文を取り消す」という処理を行っていれば取り消せていたはずならば、東証が主な責任を負うというのはおかしな話です。
システムの使い方を把握していなかったみずほ側が主たる責任を負うべきだと思います。

逆に、みずほ側が再三行った取り消し入力のうち1回でも指値を「572,000円」と指定したものがあったならば、取り消せるはずのものが取り消せなかったということで、東証もしくはシステム開発会社の責任がメインでしょう。

そこがアイマイってのが気になります。
みずほ側は今まで、「システムの仕様に則って、572,000円の見なし価格で取り消しを行ったが取り消せず」とは発表していないと思うんですが、どうなんでしょう?

うーん...密室で何が話し合われたのか...
まぁ、市場(株価)への影響って点では東証が悪者になるのが一番少ないのかもしれないんですが、東証への信任がさらに揺らぐとねぇ。
posted by つきっつ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。