2005年12月12日

ならば納得(東証のシステム)

怪しい決着だと書きましたが、ようやく具体的な東証側のミスが明らかになりました。asahi.comのこの記事によると、
東証によると、売買システムでは通常、3秒ごとに繰り返される約定処理の合間に取り消し注文が入ると、それ以後の取引に反映され、売買が行われない仕組みになっている。しかし、すでに上場している銘柄で誤発注があった場合には対応できるが、新規上場したジェイコムのようなケースでは取り消し注文ができない仕組みになっていたという。
とのこと。

だっせーーー


プログラミングのレベルじゃなくて、もっと手前の段階、処理フローの設計をミスったってことだよなぁ、これ。

もうこれで、この件について書くことはないと思うので、周辺のポイントをメモ。

その1
527,000円で入力すれば取り消せるはずのシステムに対して、みずほ側が527,000円で取り消しを試みたかどうかは明らかになっていませんね。つまり、みずほ側が「こっちはちゃんと527,000円で取り消しを入力していたんだから...これで我々の過失は当初の入力ミスだけだったことがわかってほっとしたよ」と思っているのか、「いやー、ラッキーだった。担当者が全員あわてていて1円での取り消し入力しかしていなかったわけだが、527,000円での入力でも取り消せない仕組みだったってことがわかったおかげで、あんまり非難されないぞ、もう」と思っているのか、不明。

その2
みずほは東証にこの損害の賠償を求めることができるのでしょうかね。
パッケージもののソフトウェアを買うと、「現状有姿」で提供される、つまり、スペックどおりに動かなくても知らないよ、ソフトウェアの現在の状態が現実なんだから、それを受け入れてくれよ、という意味のライセンス契約書が入っているのが通例。
取引所と証券会社の間にも、そのような契約があるのなら、賠償を求めるのは無理ですよねぇ。

その3
誤入力した社員、取り消そうとした周囲にいた人間、彼らはいくぶんほっとしているだろうな。けれど、この先、どういう処分を受けるのだろう。同じ会社に勤め続けるのだろうか。
転職したら、バレやしないかとビクビクするのだろうか。
posted by つきっつ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10578477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。