2005年12月19日

コメント代わりに...(ジェイコム騒動)

finalventさんは、与謝野くんの「美しくない」発言に同感のようですが、私は「美しくない?あったりめーじゃん。そんなもの期待する方が間違ってる」という立場です。

と、いきなり書いているのは、もう書かないつもりだったジェイコム騒動。極東ブログの
みずほ証券によるジェイコム株の誤発注問題は「美しくない」
という記事を読んで思ったことをパラパラと。

コメントしようと思ったのですが、長くなったので(いろいろ脱線したし)エントリを立てました。

いろいろと「美しさ」を求める気持ちも持っているつもりですが、これに関しては美しさなんて基準を持ち出してものごとを考えるのは笑っちゃう、というのが正直なところで、それが一番言いたいことかな。

・システムについて思ったのは、「取り消すのに、なんで最初の価格を入力する必要があるの?注文番号プラス受け付け時のパスワードかなんかでいいじゃん。めんどくさいシステムだな」←あ、パスワードをメモる方がメンドクサイか、と自分ツッコミ。

・東証は「このシステムを使って生じた一切の損害は補填しません」みたいな「ソフトウェア使用契約」を結んでないのかなぁ。

・美しさについては、finalventさんのおっしゃることもわかりますが、株式市場なんてゼロサムゲームの戦場ですよね、もともと。
そしてディーリング部門の論理と委託部門、引き受け部門の論理は全然違いますね。
ディーリング部門の論理は、誤発注だとわかって大金を突っ込んだ個人と同じ。

・ディーラーはノルマがあるので、今月成績がパッとしなかった人は助かったろうなぁ。

・大量保有報告書に名前が上がったのは、5%以上をオーバーナイトした人だけ。5%分をデイトレした個人が100人いるかも。5%=750株で4.5億くらいかな。そのぐらい動かしている個人投「機」家が100人くらいいてもおかしくないよなー、今のこの国。

・ディーラーの中には、自分の個人口座で儲けた人もいるんじゃないかな。携帯でも発注できるんだから。

・また、多くの(特に外資系)「証券会社」って、わしら庶民なんぞは客じゃなくて「戦場で殺される役のエキストラ」ぐらいにしか思ってないはず。株式市場はずーっと外人が勝ち、個人が負けていて、継続的に勝っている個人がごく一握り。
で、外人てのは、まぁ巨額のファンドですな。
つまり市場は「大きい資金が小さい資金を吸い上げる場所」とも言えるわけで、外資系の証券会社ってのは...むにゃむにゃ。

・みずほ証券は戦場の真ん中で千両箱のフタを開けてしまい、やべっ!と閉めようとしたら東証製のその千両箱は不良品で閉めることができず、あっという間に大判小判は「食われた」と。
これはまぁ、食ったほうは戦場における狼として当然の行動を取っただけ、という気がします。自分が食わなきゃ誰かが食うんですからね。

・S安張り付きは30分以上あったんだから、取り消しができないとわかった時点で、みずほ証券は他の証券会社に「買わないでください、ウチが買い注文入れます」ってお願いするとか考えればよかったのに。

・他の会社が「誤発注はウチじゃない(だからウチが倒産するかもとか心配して株を売るのは止めてね)」と発表する中、ずーっと黙って隠していたのは極めてタチが悪いよなー。みずほ証券は上場してないけど、みずほFGの株が下がることとか心配したのかねぇ。

あぁキリがない...(コンピュータシステムにも、証券会社の業務にも、相場にも、ちょっとずつ関わったことがあったり今も関わっているので、つい熱が入ってしまいます)
posted by つきっつ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10829441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。