2005年12月19日

火狐その後

FireFoxを使い始めて10日ほど経ちました(関連記事はこちら)。
今ではもうすっかりFFのヒト、です。

何がよいかというと、やはりウィンドウ1つでタブによる切り替え、というのがとても使いやすい。

ウィンドウが複数開いていると、「ブログの記事投稿のウィンドウは...」、「証券会社の注文画面は...」、「さっきググった画面は残ってるかな」となりますが、タブ式ならば管理しやすい、と。
今までも、毎日使うものについては「xxは画面の右端、xxは左上」などとウィンドウの位置を決めようとしていたのですが、どうも面倒。
その点タブ式だと、1つのウィンドウをアクティブにして目的のタブを選ぶだけですし、タブの順番はドラッグ&ドロップで変えられるので、関連するサイトを隣同士のタブに配置するとか、「左端はxx、2番目はxx」と習慣づけるとかでさらに使いやすくなります。

画像を多く含むページだと、最初に画像はアイコン表示してページ全体を描画し、後から画像を出す...というのはIEも同じだと思うのですが、ちょっと処理方法が違うみたいで、少し表示が速い気がします(気のせいかもしれませんが)。
パスワードの記憶、管理もわずかながら使いやすさの程度が上だと感じられます。

全体的に、ユーザーが考えた使いやすさという匂いがするのが何よりもうれしいです。

定期的に使うサイトのうち、「お使いのブラウザでは、このツールは起動できません」と言われる証券会社のページが1つあるほか、このブログのカウンタ部分のスクリプト(1週間分のアクセス数を表示する)は働きません。
が、それだけですね、IEにできてFFにできないことというのは。

デフォルトのブラウザは、既にFFに変更しました。
posted by つきっつ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。