2005年12月29日

相場で食っている人たち

最近ここに全然書いていません。
仕事は開始予定が大幅にずれてしまい失業状態、では昼間何をやっているかというと株式市場ウォッチです。
そして夜も復習と予習。

「いずれは相場で食べていけるように」と、このサイトにも以前掲げてあったのですが、努力が足りずになかなか進歩していません。
が、それでも今月は賑わっている銘柄を中心に攻めた結果、かなりの成果を挙げることができました。それはめでたいのですが、現在の好調が実力によるものでないことがわかっているので「いつ崩れるか」とビクビクして相場が開いている間はウォッチすることになり、始まる前、終わった後は予習、復習。
デイトレードにラクラク大儲け、という本のタイトルみたいな具合に行けばよいのですが...いや、ラクラク大儲けは望んでないのですが、実は。正しい努力をして、うまくなって、それに見合った成果が大儲けであればよいと思います。

話がそれましてが、そういうわけでこちらはすっかりお留守、と。

◇◆◇

さて、株式の売買だけで食べている人の多くは、長期で保有するのではなく、1日のうちに売買を終わらせてしまうデイトレードか、長くて2、3週間ぐらいまでのスイングトレードを繰り返しています。

したがって彼ら(私もその中に入りますが)は短時間の株主でしかないので本来的な意味での「投資家」ではなく、何かを生産しているわけでもないので、世間の目としては「博打打ち」に近いでしょう。
トレードが「職業」だと言えば、批判する人も多いと思います。
「社会貢献していない」つまり「世の中の役に立つ仕事をしていない」というのが批判の先頭に来るのでしょう。

けれど、株が上がると買い物をするんですよね。私のデジカメもそうですが、車を買っちゃう方もあります。
資産効果ってヤツですかね。バブルのときは地価が上がったので、それを根拠にした買い物というのが盛んでした。

◇◆◇

景気がよいというのは、お金が増えることだというようなイメージが子供の頃はあったのですが、アレは間違いでして、お金の回転速度が速くなるのが「景気がよい」状態なんですね。
みんながどんどん使い、みんなにどんどん入ってくる、と。
そんなこと言ったって入ってこなきゃ使えないよ、という態度の人が増えるとお金の回転速度が遅くなって景気が悪くなる、と。

デイトレーダーも、儲けたお金をせっせと使ってくれるならば、景気向上に貢献するという仕事をしていることになるのかもしれません。
でも私レベルだと、トレード資金を減らすのがいやだからという理由で、けっこうケチなんですよね...
posted by つきっつ at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええと、ここに書いていいのか、でも、ご挨拶だあ。
あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。
と、納期の目を逃れて(ついでに人のブログとHPを見張ってるクライアントの目を逃れて)ネット入りしている私でございまして、ああ、時間がないわ。
私はどんどん使うのが大好きなんで、とても景気には貢献できると思うのですが、問題はぜんっぜん入って来ないことでして、そういう点では生産にも景気にも貢献していない昨今です。うう。
Posted by acoyo at 2006年01月02日 12:03
あけましておめでとうございます。
商売ご繁昌のようで何よりです^^
ワタシも、新年はまだ飲み食い少々と電車賃しか景気に貢献していません。
ま、まずはヒルズ族の皆さんとかに盛大に使っていただくことにしましょう。
Posted by つきっつ at 2006年01月03日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11153606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。