2006年01月09日

内外価格差

以前から「GAPは、アメリカから来たモノに食いつきやすい日本人向けに、原価の安い服を本国の2〜3倍の値段で売っている」と思っているのですが、Levi'sも高いですねー
そんなことはよーくわかっていたはずですが改めて実感。

なぜか先日から、ふだんはあまりはかないブルージーンが一本ほしいという気分なので、「ま、Levi'sで...」と店とか値段を調べたんですが、Googleのスポンサーリンクに登場するアメリカの会社では501が$29.99(shrink-to-fitと書いてあるやつ。洗ってないので縮むってことですね)とか$34.99とか。
日本だとディスカウント通販でも7000円くらいするようです。店頭で確認して買おうとすると1万円以上ですよね。

日本語混じりの検索でもスポンサーリンクに出てくるだけあって、海外に送る実績は25年以上とかで、世界中どこでも航空便で送るそうです。配送料は$65まで$27.50と安くはありませんが、$95を超えて$150までは$52.50なので、家族や友人でジーンズ4本買って送料込み2万円て感じですかね。
うーん・・・

まぁ、最近の日本のジーンズは個性追求の競争が激しく、色落ちだけではなくて傷、穴、汚れまでをあらかじめ付けるために技術競争が激しいので、日本の市場はちょっと特殊なのかもしれませんけれどね。
ジーンズというもの自体にプレミアム価格が付いているというか(ラーメンもそうかもなー)。
posted by つきっつ at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
値段と、値段とか日本人とかを実感すればよかった?


Posted by BlogPetのシャカ at 2006年01月09日 10:56
↑これは、BlogPetによるコメントのようですね。敢えて削除しませんが、スパムだと考えています。
Posted by つきっつ at 2006年01月09日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。