2006年01月17日

背景に何かあるのかな?

■事実関係の細部について、間違いがあるようなので、書き直しました。が、まだどうも自信がないので、事実関係についてはニュースをご覧ください。株式市場の寄り付き前の状態を見ると(これは9時前に書きました)、思ったよりも影響が大きく、自分の持ち株がいくつかストップ安になる危険があるので、それへの対応を考慮するのが優先...(さすがに100万円はヤラレないと思いますが)。デイトレだけやってる人は、こういうときに有利だなぁ■

ライブドアが強制捜査を受けました。
ニュースやら解説やらをごちゃまぜにして書くと、
子会社のライブドアマーケティングがマネーライフという会社を買収したと過去に発表したとき、実はすでにマネーライフはライブドアによって実質的に買収済みであった。
それがライブドアMのものになっただけなのに、あたかも新規に買収したかのように装った、と。これが風説の流布偽計取引。
こっちはなんだかグレー領域という気がしないでもないです、直感的に。けっこうまともな裁判が成立しそうな気が。
■この点、ライブMが株を取得した(株式交換で)のは投資組合からだけれど、そのときにマネーライフが「すでに親会社の実質支配下にある」ことを知らせなかったのがいけなかったのだという解説を朝のTVで聞いたのですが、なんか違う気が。ライブドアからライブドアMに株が移っただけ(実質的に)なのに、新規取得のように発表したのがイカン、という話じゃないかと思うんですが、まぁようわからんです...■

もうひとつは、売り上げやら利益やらを水増しして報告したんじゃないか?と。
これは本当だとしたら罪として重そうな気がします。

しかし、いろいろ考えることがありますね。

・これ自体ですでに大きな事件とも言えるけれど、ここを突破口に本体のうさんくさい領域、もっと大きなネタにも切り込んでゆくのだろうか。
・自民党の現在の主流からは目をかけられている(いた?)存在の彼に東京地検が切り込んだってのは、彼はもう見捨てられているのか、地検は元来そういう強い存在なのか(ロッキードの堀田力さんは強かったけれど、普通は何らかの影響を政府方面からむにゃむにゃ)。
・ニュースでは、捜査しているという情報が漏れるとIT企業だけにコンピュータ上の証拠をすぐに消されてしまう(証拠が紙になっていないものが多いと言いたかったのだろう)ので、早めに強制捜査に着手したと言っていたが、それだけ?
・↑の「それだけ?」とは、つまり、明日がヒューザー小島社長の喚問なので、その目くらましじゃないかという説も強いらしい...
・ん?それはつまり国土交通省のラインが強制捜査日を今日にさせたってこと???いや、もっと大きな力か?

自分の利害という点では、相場に関しても気になることがありまして、
・明日は、ライブドア、ライブドアMの株はストップ安だろう。2、3日続くかも。
・今は東証一部の主力銘柄が弱く、資金が新興市場に流れてバブル気味。このバブルがはじけるorしぼむきっかけになる?
・おいらの持っているインタートレードはライブドア証券とライブドアが合わせて4.8%持っているのだが、ううう、売られるのか?絶好調の最中なのに・・・ぐっすん。堀江のばかやろー、ってまぁ投資は自己責任ですからね。

書き散らしですが、とりあえずメモ...
posted by つきっつ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。