2006年01月17日

堀江叩き?

年金がもらえなくなっても — たぶん、今言われている水準の給付は無理でしょう(インフレになったら額での比較は意味がないので、物価指数を考慮して)—、日本の国家財政が破綻しても、相場の技術があれば世界のどこかで生きていけるさ、と勉強中のワタシですが、いやぁ堀江ショックは思ったよりも大きいようで、参りました。

今月はけっこう利益が出ていたので、今現在、その半分ほどを失うだけですんでいますが、人によっては真っ青になって金策に走らねばならない状態になっているはず。

で、落ち着いて今回の嫌疑を見ると、少なくとも現段階ではショボイ内容なんですよね。
もっとあくどいことをあからさまにやって、「なんで証券取引等監視委員会(SEC)は動かないのだ!」と市場関係者が思うようなできごとはいくつもあります。

なので、今回の捜査は、
・地検は、もっと大きなネタを狙っている。
・堀江のやってることは気に入らないという経済界の古い人たちが圧力をかけた。
・永田町方面で、堀江をつぶしたい人が動いた。
・金融庁の役人が堀江を押さえ込もうとした。
あたりの少なくとも1つ、おそらくは複数がからみあった結果のことなのでしょう。
出る杭は打たれる、と。

私は以前「適法、合法、順法、そして遵法」という記事で書いたとおり、株式過剰分割による株価吊り上げなどの堀江氏の手法には批判的な立場です。
が、地検やSECといった機関が政治的な思惑で動くのも気持ち悪いなと思います。

ま、目立つところを叩く、つまりは見せしめってことなんでしょうかね。ムラ社会ですね。

あと、捜査のタイミングについては、
・新興市場のバブルを冷やす
・ヒューザー喚問の件でTVニュースと新聞紙面が埋め尽くされるのを避ける
という意図があったように感じられて、これも気持ち悪いですね、やっぱり。
posted by つきっつ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11806000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。