2006年01月17日

マスコミってホントーにダメダメ

今、TVでニュースを見ていて思わず「あほか」と呟いてしまいました。

ライブドアへの強制捜査に関する報道を見ていると、またまた感情的にわぁーわぁー盛り上がりすぎて集団ヒステリーですね。

たしかに東京地検による強制捜査というのは一大事ですが、とりあえず今回問題になっている証取法158条違反に関しては、これを取り締まるならアレはどうなるの?って事例が去年だけでもいっぱいあります。
ずっと悪質な詐欺事件みたいなヤツが。

それらを見逃してライブドアは強制捜査、というのを考えると、今回の動きは(繰り返しになりますが)
・もっと大きな問題をこれから追求する
・堀江潰し
の少なくともどちらかが背後にあることは誰にだってわかることで、そこを掘り下げるのがニュースでお金を取っている人たちの役割だと思うんですよね。

けれど、堀江氏に「自分の責任、進退は?」とお決まりの質問を投げつけたり、フジの日枝会長に「業務提携している会社の幹部として、責任は?」なんてマイクを向けるようなことしかできない。

◇◆◇

今回、たとえ「もっと大きな問題」が出てくるとしても、たとえば最近だとアイビーダイワの材料発表と直前の高騰、そして翌日の急落とか、少し古いところではゼクーやシーマとか(興味のある方は検索してみてください)、明らかにおかしいことは山ほどあって、けれどSECは見逃してばかりなんですよね。

で、マスコミはそういうことを全然取り上げず、今回のように「お上」が動くと大騒ぎ。

◇◆◇

堀江氏のことは好きではありませんが、古い経済界からの逆襲といった形での今回の捜査と、表面的な部分だけを突っついて騒ぎ回るだけのマスコミを見ていると、彼を応援したくなってきてしまうぐらいです(まとまりのない文章ですみません...)。
posted by つきっつ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11826632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。