2006年01月20日

ライブドアが退場ならば次に起きることは

なんだかライブドア(以下LD)がらみのネタは思ったよりも本格的な、つまり、これならば「犯罪」として立件しようと動いたのもわかるかな、というものが出始めていますね。

それでも、この捜査は「既得権益を持っている古い経営者たちからの逆襲」という色を帯びているのは間違いないと思いますが(古い人たちの中には、もっとうまく、法に触れずにあくどい...むにゃむにゃ)。

さて、思いついたのでメモ。
これで堀江氏が逮捕などということになったら、「堀江氏の会社」だったLDグループは崩壊の危機。粉飾決算が事実だと認定されれば上場廃止。

そうなると何が起きるかというと、今までLDが買収してきた企業の中で魅力的なところを、他の会社が買いに動くのかな?と思いました。
それとも価値の下がったLDグループ全体を誰かがごそっと引き取り、不要な会社を切り売り?

担保価値をゼロにして与謝野さんにまで文句を言われたマネックス証券が担保価値を復活させた唯一の会社ライブドアオートは、先日までジャック■1/25追記:申し訳ありません。記憶に頼って間違えました■でした。ここなんか、真っ先に買われるかもしれませんね。
posted by つきっつ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。