2006年01月24日

ごはんがすんだら食器を洗う(無門関)

最近、相場で多額の損失を出してしまい(最初は「想像を絶するような損失」と書いたのですが、同じ程度の技量で数千万の借金を抱えた人もあるはずだと考えると幸運だと思うので、書き換えました)、まぁそれでも借金ができたわけではないので、愚かさに比較するとラッキーであったと考えていますが(謙虚!)、小さい損失でとどめるチャンスを逃した自分の心の弱さというか性格というか、そういうものについて考える時間が増えています。

で、昨日あたりから頭に浮かぶのが、中学生か高校生のときに読んだ禅に関する本の中に出てきた話です。

正確を期すために、記憶ではなく「無門関」というサイト(こちら)から引用させていただきます。
ある僧が和尚に聞いた。「どうか尊い言葉をください」。和尚は「朝飯は食ったか?」とたずねた。僧は「食べました」と答えた。和尚は「それでは茶碗を洗っておきなさい」と言った。僧はその瞬間に悟った。
禅宗では「不立文字」つまりコトバで説明しないということが尊ばれるので、この話の「意味」を私がどのように考えているかを書くのは、いや書こうとすることは、この話が教えてくれるものから離れてしまうと思うのですが、ま、「やるべきことを淡々とやるだけ」というのがいかに難しいか、それを感じる日々です。

◇◆◇

ちなみに中学生のガキがなんで禅の本なんかを読んでいたかというと、修学旅行で京都に行ったときに聞いたお坊さんの話がおもしろかったからですね。

これがきっかけで、禅問答の本を買ってみたり、座禅を組んでみたり、「将来の目標は、坊さんのように悟った状態で俗っぽく生きることだ」などとうそぶいてみたり、と、まぁ考えてみればずいぶんと影響が大きかったなぁ。
posted by つきっつ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12219106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。