2004年12月17日

コップに水が半分

コップに水が半分入っている状態は、「半分しかない」とも「半分残っている」とも言える、なんて言いますよね。今日の成績は、まさにそんな感じでした。

先物は、
・朝の早い時間に9万やられ
・頑張って10万取り返し(手数料込みでほぼトントン)
・「トントンではなくプラス10万にできていたのに」と地団駄
・2時過ぎに「その悔しさを晴らすチャンス到来」と挑戦して返り討ち
・焦らずに引成にしていれば、あと4万助かった...
トータルは、手数料込みでマイナス約6.5万。

個別株は、
・マルコが寄り付きの水準から大きく下げることなく970円(+17)
・光洋精工も年初来高値を更新した後も下げず、初めてCBの転換価格1367円を上回って引けた(1370円)
その他の銘柄を合わせてプラス約9万。

トータルではプラスです。これはhalf fullなのかhalf emptyなのか...

先物だけ見ても、
・「超へたくそ!」と自分を叱るべきだよなぁ
・「ま、稼ぐ力もあるさ」と楽観することもできるさ
の間で揺れますし、全体では
・よけいなことしなければ大きな利益だったのに
・まぁトータルでマイナスにならなかったらいいよ
のどちらかなぁという気分。

やはり、先物の損失のほうが強く意識されますね。個別株は全体地合に助けられて上がった面も大きいのですから、全体が下がったときを考えると...

反省!


posted by つきっつ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。