2004年12月20日

反応すべきだった...

NYが安いのに寄り付きがあまりギャップダウンしてないね、そして上昇を始めたね、という段階で買うべきでした...今日の前場のチャンスは、開始早々に訪れた100円幅の上昇。これは、「おや案外強いね」で取れたはずでしょ。くー。

...って、全然「ホンヤクのヒト」になりきれてないなー。相場中毒患者?
だとしたらまずい。売買禁止にしようかな...

光洋精工はついに1400円乗せ。売り方があきらめて買い戻してくれればいいのだけれど、この売り残水準で逆日歩が付いていないというのはちょっと怪しいという見方もあり...つまり「売り方」と思ってると実は現物でヘッジ買いをしていて、逆日歩が付かないように貸株として差し入れているのでは、と。

その場合は、何かをきっかけに売り崩して往復で儲けるというための仕込みってことになるのだけれど、これだけ発行済み株式が多い銘柄でそんなことができるのかなぁ、大丈夫じゃないかしらん、とタカをくくっております。

それよりも、踏み上げ相場になって90年の高値1560円を超えてくれないかなぁ、そしてさらにどんどこ上がってくれないかなぁ...なんて夢見ている人間ははまるんですよね。「降りどき」を見逃さず、ちゃんと利食わないと。


posted by つきっつ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。