2004年12月21日

あなたがくださる、わたしがいただく(さるさる復刻シリーズ)

# 文字の大きさ試行錯誤中...

今はもう、敬語などというのは古くさいのかもしれませんが、どうせ使うならパシッとしようぜ、と思います。
中でも(考えてみればこれは敬語とは少し違いますが)「簡単なんだから、ちゃんとしようよ」と思うのが「くださる」と「いただく」。

「毎度、ご乗車いただきまして」というのは「〜くださいまして」だと思うんですよ。基本は、

あなたがくださる、わたしがいただく

「ご乗車」は "お客様" の動作。つまり「あなた」が「わたし」にくださるものですよね。

あ、えっと、「くださる」と「いただく」の違いというのは....
「ねぇねぇおかあさま、こちらのノゾキメガネさんというチョーかっこいい紳士の方が、 こんなすてきなプレゼントをくださったのよ」
「まぁ、こんな高価なものをいただきまして...」
という感じで、別に複雑でもないんですが、「敬語」(とはちょっと違うかもしれませんが)に関係すると混乱するのかもしれません。

「エレベーターにお乗りの際は、ベルトにおつかまりいただくよう、お願いいたします。」
これも、「おつかまりくださるよう」じゃないでしょうかね。
「つかまる」という動作を、あなた様から私どもにくださるようにお願いいたします、ということなので。
「いただく」は、「おぉ、おつかまりいただき、拙者、感謝のことばもございませぬ」ですね。

神経質すぎる...のかなぁ...



posted by つきっつ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。