2004年12月22日

そうは言ってもやっぱり惜しい

やはり上がりましたねぇ、ちょっとだけど。買っていたとしたらたぶん200ではなく210か220。いや、220では買わないですね、危ないので。210で買って、引成240。2枚で6万。うーん、やっぱり相当惜しいです。

ただ、では今日は翻訳を休んで相場を見ていたらよかったかというとそれが難しいところ。
つまりですね、今日は下の書き込み↓の時点までは自分にとってのチャンスはなかったと思うのです。
が、ずっと相場を見ていたら「あー、手持ちぶさただー、買いたい!(または売りたい!)」と、変なところで売買して損になっていたかもしれない、と。

相場で儲けるためには「オノレの心を制御する技術」が必要になるってことですねぇ。ふぅ。

あ、「やっぱり上がった」なんてエラそうに言ってますが、↓では「買わなくてよかった」って、ズルイですね(笑)
posted by つきっつ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。