2004年12月30日

今日は相場に参加せず

昨日は光洋精工を手仕舞いました。
年末年始の間に日経平均が大きく下がるような事件が起きたら影響は避けられないので(どの銘柄も同じですが、225採用銘柄なので特に)「年末年始は持ち越さない」と決めていたのですが、なぜ今日でなく昨日のうちにと思ったのか、思い出せません...
今日は売り値よりも10円高い水準で悔しいですが、それを気にするよりも昨日、先物の判断を間違った(買いから入ったこと)原因を認識し、技術向上に励む方が大事です。←言い聞かせている

今日は大納会なので11時(大阪は11時10分)で終わり。
日経平均(現物)は11488.76で引けました。先物は11480円。平穏に終わったようです。500円を超えられなかったのは辛いなぁ。

しかし、これで「年間で陽線」が2年続きました。これは1993〜95年の3年連続以来のようです。
政治のおかげというよりは民間が血みどろの努力をした結果ですよね。
公共投資のコストは民間コストの1.7倍だそうです。それを受注した企業は潤っているのかもしれませんが、コストを負担しているのは国民全体で、潤うのは一部の企業だけですからね。借金だらけなのだから、消費税を上げる前に無駄遣いを減らさないとイカンでしょうに。ねぇ。
国債が増え続けて返せなくなるかも、という不安がなくなったら、世界中の投資資金が日本にじゃんじゃん流れ込んで日経平均は20000円ですよ。コイズミさん(そして次の人)、頼みますよ。


posted by つきっつ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。