2005年01月05日

おっと危ない、踏んだらしまい

今日は買い戻した光洋精工が20円上がったなどと喜んでいましたが(「大発会はほぼケンしました」)、寝る前にチェックしたら日証金の貸株が新規101、返済805(速報値)。■追記:確報値でもこのとおりでした。■

80万株の踏み上げによって上がった相場かぁ、そのわりには大して上がっていないところが怖いぞ、と思ったら、売買高は32.6万株。
これはどういうことなんでしょう...

まだまだ初級者なのでわからないのですが、自分なりに考えると
・盛大に空売りを仕掛けるつもりで借りていたのを、”やっぱり売れないな”と返済した
・速報値の集計方法による誤差で、実際にはずっと少ない
...この2つしか考えつきませんでした。しかも上の方は、そういうこと(売る前に日証金から借りておく)ができるかどうかも?です...

と、話が横道にそれてしまいましたが、これで売り残は222万株(あくまで暫定値ですが)。
かなりの量ですが、東証発表の信用残(12/24付け)321万株だけを見ていると大きな勘違いをしてしまいかねません。

踏み上げ(売り方の買い戻し)で上がる相場は、タイイング良く買った者にとっては「へっへっへ」ですが、「踏んだらしまい、投げたらしまい」ということばがあるそうで、つまり売り方が全部買い戻してしまったら上昇も止まる、と。
仕手株であれば、止まるだけでなくドスンと落ちますね。

さて、光洋精工の売り残はいつ解消し、そして解消したあとはドスンと下がるんでしょうか。「朝の安値で買って後場の高値で売る」を毎日繰り返すのが無難だろうかと考え始めています。


posted by つきっつ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。