2005年01月05日

新年最初のトレードで失敗

■225先物。
前場で11440、450を1枚ずつ買いました。
下値切り上げでじわじわ上がっていくかと思いきや、後場になって下がりだし、あえなくロスカット。
思惑が外れて下がりだした時点で撤退すべきですね。460-450が長かったのですから、440円が付いたときに動くべきでした。

「こうできるようになりたい」というパターンとしては...
・上昇が鈍いのを見て470-460で1枚利確
・下がりだして1枚逃げ
どちらも「あ、今こうすべきかな」と頭をよぎった行動なのですが、「細かい売買ばかり繰り返していても勝てるようにならないぞ」と頑張ってしまいました。
今はまだ、大きな利益を狙うよりもお金を減らさないことに重きを置くべきなのかもしれません。まぁ理由はなんであれ2005年最初のトレードは失敗でした。

■個別
光洋精工は1480円に迫ったとき、1480円の90枚(だったかな?)が一発で買われ、その後下がったものの引けは復活して1483円。もう完全に上場来高値の1560円(90年2月)が意識されているはずなので、まだしばらくは上がるでしょう。
ただ、今日の出来高はかなり多い(939,000)ので、売り残もかなり減ったと思われます。
また、「出来高の2倍以上の貸株返済があった」件は(「おっと危ない、踏んだらしまい」)、転換社債を持っていた人が株式に換えて返したのかなぁなどと思いました。


posted by つきっつ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。