2006年03月15日

やっぱり名曲

キリンのCMで「タイムマシンにお願い」が流れていますね。木村カエラのボーカルで。声も歌い方も似ていて、「え?曲だけオリジナル?」と思いましたが。
1975年の曲ですけれど、いつ聞いても新鮮だなぁ。

少年時代は音楽をあまり聞いていなかった私がこれを初めて聞いたのは、たぶん1985年ごろで、「え?10年前の曲?新しい感じじゃないか」と衝撃。
そして今聞いても「新しがっている」イマドキの音楽を超越したものを感じます。

目先の新しさで驚かせるものはすぐに古びてしまうし、独創的なアイデアも慣れてしまえば「新しい」とは感じられなくなる。
永遠に新しいものなんてあり得ない。

けれどこの曲だけは、いつ聞いても「新しい」感じがしてしまいます。
「新しい」のイデアを含んでいるのかしらん。

◇◆◇

音楽に「順位」を付けるなんてナンセンスではありますが、「どんなモノサシかわからないけど、なにかとっても大事なモノサシで一番な感じ」であると確信するこの曲がCMという形で広く再登場して、若い人にも知られるのはとてもうれしいこと。

しかも、そうですか、木村カエラが歌っているのはCMのためだけではなく、オリジナルのバンドが再結成して彼女をボーカルに迎えたのですね。

オジサンのバンドが復活することには賛否両論あるでしょうけれど、30年以上前に熱い思いで新しい音楽を作り上げた彼らが、その実力を見せつけてくれることを期待しています。

表面は昔ながらのスタイルだけど中身はどんな若者よりも新しい、なんて音楽をやってくれたら、カッコよさに痺れそう。
posted by つきっつ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14846767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。