2006年03月25日

アンチエイジングと中島みゆき

時間はあなたにとって敵ですか、味方ですか?

◇◆◇

アンチエイジングということばがアメリカから上陸したのは、もうずいぶん前のことだと思いますが、今やすっかり化粧品のキーワードですね。

年月とともにやってくる衰えに負けず、いつまでも若々しく、というのはステキなことだと思います。

けれども、歳をとっていくこと、時間が経つことを嘆いたり「よくないこと」と思ったりというのはもったいないような気が。

◇◆◇

ワインが年月とともに味わい深くなるように・・・というのは陳腐なたとえではありますが、年月を重ねてこその魅力というものがある、というのが人間のよいところではないでしょうかね。

事故でボディが傷ついた自動車は単なるキズモノですが、人間は傷も個性ですもんね(クルマを愛する人にとっては、傷も個性)。

ふと思い出しましたが、村上春樹の、えーとたぶん「ダンス・ダンス・ダンス」だと思うのですが、主人公が、「長い時間が経つと、どれが傷かわからなくなる」というようなことを言うシーンが印象に残っています(前後のセリフがずらずらっと頭の中に浮かぶ自分が不思議・・・)。

◇◆◇

人間関係も、特に男女の関係ですが、「この熱い盛り上がりを楽しまなきゃ損!」というのは、ま、それはそれでいいものですが、「時間が敵」ですよね。

自分はもうオジサンだからでしょうか、時間が味方になるような付き合いがいいなぁ、なんて思います。

中島みゆきの歌に「歳をとるのはすてきなことです、そうじゃないですか」という詩がありました。

うん、そうだね、みゆきさん。
posted by つきっつ at 19:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オパールは、弱い石で、中の傷が乱反射して、あの独特の輝きになるそうです。
だもんで、私はダイヤよりオパールが好きです。つて、ほんとうに弱い石で長持ちしないそうですが。
男と女に関しては、年取ると昔は許せなかったことが許せるようになってきて、それが「ぬるくなる」んじゃなく、「寛容になった」と思うと、ま、いっかとか思います。
Posted by acoyo at 2006年03月28日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。