2005年01月14日

レヴィ・ストロース

という名前をご存知でしょうか。
文化人類学の学者で、「悲しき熱帯」が有名です。

で...アメリカに短期間住んでいたとき、CNNだったと思うのですが、CMに入る前に豆知識のような文章が表示されるというのをやっていまして、ある日「xxxx年にLevi Straussが作業用のズボンを発明...」と出たのです。
「え。文化人類学者がズボンを発明したのか。すげぇな」と思ったのですが...よく考えるとやっぱり変です。

あ、リーバイ・ストラウスか、と気付いたのは1分後。
スペルは同じでも国によって読み方が違うのですね。というか、アメリカに住んでいるので英語的な読み方をされたけれど、先祖はフランス系で、フランスに行けば「レヴィ・ストロースさん」として通用したのかもしれません。

ゴミネタですみません。なんだかフト思い出したので書き留めました。
「ふぅーん、なるほどね」と思った方は下のURLと本でスペルをご確認ください(笑)

ちなみにGoogleで「levi strauss」と検索すると、やっぱりジーンズが学者に勝っています。

リーバイスの本社のWeb(www.levistrauss.com)

悲しき熱帯〈1〉
レヴィ=ストロース Claude L´evi‐Strauss 川田 順造

おすすめ平均 
優れた紀行文学として、気軽に読める
タイトルは小説みたいだけれど

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

悲しき熱帯〈2〉

ヴィンテージジーンズ真の価値―リーバイス501の歴史から魅力までを徹底検証
土屋 淳一

おすすめ平均 
ジーンズの歴史がわかる
ヴィンテージジーンズ真の価値

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


あのぅ...あと、もっのすごくくだらないんですけれど、今思いついたら書かずにはいられなくて...「熱海」を「ねっかい」と読んでしまった人の姿は「悲しきねっかい」だなぁ、と...本当にすみません(笑)
posted by つきっつ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1578996

この記事へのトラックバック

es muss sein 運命の声 2003.5.X 初出
Excerpt: ボロロ族にも差別はある。 僕は衝撃を受けた。 ボロロ族にも、生地での差別や 粗野...
Weblog: 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌
Tracked: 2005-05-20 21:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。