2006年04月13日

ぶつぶつ

ずーっと書いていませんでした。
仕事が忙しかったからというのが自分を軽く納得させる理由なのですが、こういうネットの辺境の地にもスパム コメントが送られてくるってことにゲンナリしている、というのも理由の1つ。

1日1000人が見てくださって、1日10件コメントが付くなら、その中に2、3のスパムが紛れていてもあんまり気にならないでしょうけれど、ごくごく限られた方しかご覧になっていない零細ブログに、どこかの誰かが作ったプログラムから宣伝コメントが付くというのは、なんともゲンナリ。

そして、これが英語なんですね、片っ端から。
アメリカ的資本主義、合理性、利益追求の進化した姿ってのは、こういう形で(も)表れるんだね、と、最近アメリカが嫌いなワタシはイヤミを言いたくなります。

◇◆◇

話は飛ぶのですが、きのうTVを見ていたら、「プリマダム」というドラマをやっていました。パートに追われる主婦がバレエを始めて、、、という話ですが、この主婦が黒木瞳。

きれいですねぇ。知的だしね、この人。すごい読書家です。
そしてかの渡辺淳一氏の「化身」を映画化したときの演技は、若い私の脳みそに焼き付く色っぽいものだったし。

で、ダンナ役の古田新太のセリフに「おまえ、まだ自分が女としてイケてると思ってんのかよ。鏡見てみろよ。どう見たってオバサンなんだよ。オバサンのバレエなんて誰も見たくないんだよ」とかいう暴言があったのですが・・・

全然リアリティーない!

黒木瞳のあの美しい顔が大写しになっている画面で、「女として、もうイケてない」なんてセリフが流れても、違和感ありまくりです。
いや、非難しているわけじゃなく、単に45歳の黒木瞳はキレイだ、って話ですが。

あ、そういえば・・・最近の黒木瞳はちょっとニコヤカすぎ、若作りっぽくてキモチワルイな、と思っていたのですが、このドラマでは自然な感じでよいと思いました。

なんか、本当にだらだらした雑談で失礼しました・・・
posted by つきっつ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。