2006年04月25日

新しいお酒

仕事やらなんやらで気分がふさぎがち。
で、郵便を出すついでにコンビニに入って何を買うということもなく店内をぐるり。

と、目に付いたのが飲み物売り場の「赤葡萄」という文字。
「コンコードグレープのみ使用」だそうです。
国内の無添加格安ワインによく使われている、というイメージがある品種ですが(間違った思いこみかも)、とっさに思い出したのが先日飲み残して冷蔵庫に入っている赤ワイン。

アレをコレで割って飲んだらいいんじゃないか?

◇◆◇

・ひとり暮らしで
・1回でワインを1本空けるような酒豪でない
・半分ずつ2日続けて、でも仕事に響くからなぁ
という私の場合、酸化したワインをどうするかというのは大きなテーマ(大げさ)。

「料理に使う」とか「サングリアを作る」という知恵が世の中にはあるらしいのですが、どっちもあまり縁がない。てか面倒。

その点これならね。
2006_04260005.JPG

で、今飲んでますがけっこういい感じ。
ジュースにちょっとお酒を入れるだけ、という感じで飲んでもいいし、酸化したワインの味が気にならなくなるギリギリの割合を探りつつジュースをちょぼちょぼ足していってもいいし。

ま、でも飲み過ぎないようにしないとね。
お酒は、お酒そのものを楽しむのでなく、別の目的(忘れたい、現実から逃げたい、とにかく酔いたい...)で使うようになると、それはアル中への道だ、と聞いたことがあるので、自分のココロをチェックしておかないと。
posted by つきっつ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。