2005年01月25日

雌伏の時、か?

今日の相場は、自分にとっては膠着状態でした。

アセマネは45万を超えて寄り付いたので期待したのですが、すぐに割れてしまいました。

ICFが今日こそ上がるかなと思って買ったら元気なく、迷ったけれど含み損のままオーバーナイト。

ここ数日ぽとりと落ちたように下げていた三菱商事が買い気配だったので少しだけ買いました。とりあえず手数料ぐらい抜けた価格で引け。

225先物も、ほとんど220-260の40円幅をウロウロしているだけ。きのうの安値を割らなかったことは評価できますが、前日終値を一度も超えていないので、うーん...
引けにかけて上昇し始めるのを見て「これで調整終了。明日から上がるよ」というサインか?と喜んだのですが、今ひとつ元気がなく引けは270円。

株価が上がらないのは、日本経済が長期的に見て不安というのも多少はあるでしょうけれど(少子化、高齢化→人口減とか)、やっぱり政治があまりに悪いってことが主因であると思います。

経営者には優秀な人がいっぱいいるのになぁ。


posted by つきっつ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。