2006年05月08日

英単語で書かれた日本語

中学生向けの古典的なぞなぞ(?)に、「これなんて読む?」と、
To be, to be, ten made to be.
というのを見せる、というの、ありませんでしたか?

答は「飛べ飛べ、天まで飛べ」ですが、タイトルの意味はこれとはちょっと違います。

◇◆◇

朝食を駅前のモーニングで済ませようと思って入った店に、UCCの夏向けキャンペーンでしょうか、テーブルの上に置かれた紙製の...四角柱や三角柱の広告、アレがありました。

で、ぼやっと見ていたのですが、いろいろ書かれた後の結びのことば、
Please enjoy a different taste than usual.
に激しく違和感が。

◇"a" taste っていうのかな?
◇different than usual って、「変な味」みたいな感じがするよ...
◇コーヒーは "taste" かなぁ...
◇Please は、いらなくね?

Enjoy better aroma.
ぐらいのそっけない方が英語らしいんじゃないかしらん、と、頭の中であれこれ案を練っていて「あ」と思ったのは、
英語らしくちゃいけない
のだよな、ということ。

◇◆◇

日本的な表現と、アルファベットのかっこよさ(フフン!)のいいとこどりを狙っているのがこの手のコピーなので、そうか、この「見た目は英語」のコピーは、
いつもとは違う味をお楽しみください
をそのまま英単語で、というか "かっちょいい横文字" で(けっ!)表現することに意味があって、実は英語じゃないんだな、と思いました。

こういうツッコミをすると、そして特に私が英語を扱う商売をしている人間だとわかると、「ひとよりちょっと英語がわかるからって、エラそうに...」なんて言われちゃいそうですが、そうじゃないんです。

日本語を使えよ!
と思うのです。

◇◆◇

今日の日経新聞に、国際交流基金理事長の小倉和夫さんという方へのインタビューが載っていました。

カタカナ表記を漢字で言い替える動きに対して、「ニュアンスがうまく反映されていないものがある。カタカナ表記でもよいではないか」とおっしゃっているのですが、「漢字よりも、むしろ大和ことばで言い替えることを考えた方がよい」という意見も示していらっしゃいます。

大賛成。

車の名前がなぜ英語ばかりなのかという指摘は古くからあるものですが、もう少し古くからある日本語をうまく使い回すほうがカッコイイと思うんですよね。

なんとなくアルファベットがカッコイイと思ってしまう大衆に企業が合わせているのか、企業がそういう前提であれこれ提供するから大衆が洗脳されているのか、それはわかりませんが、「アメリカ的、ヨーロッパ的なものがステキ」という単純な思いこみは、もうそろそろ捨てていいんじゃないかなぁ。

◇◆◇

ま、かといって石原慎太郎さんや藤原正彦さんを礼賛するつもりもないですけど。
posted by つきっつ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。