2006年05月17日

100円ショップと美術館

きのうの晩、脳を鍛えましょう系の本をざざっと1冊読んでみました。
内容は「ふつー」という感じだったけれど、「ふだんと違うことをして脳に刺激を与えることが大事」、「積極的に脳を作り替えましょう」というのはそのとおりだなぁと痛感。
私の仕事は、頭を使うような仕事ではあるのですが、ある意味とても狭い部分しか使ってない感じだし、何よりも家にこもってひとりでやっているので刺激が少ない。

先週は美術館に行きましたが、あまり刺激は強くなかった感じで脳のリフレッシュ効果はわずかだった模様。
「受け身」で終わってしまったのですね(トリエンナーレでは頭の裏側とか心をマッサージしてもらったなぁ)。

◇◆◇

で、今日は、めんどくさい病継続中なので遅めの時間に駅前でモーニングを食べ、帰りに100円ショップへ。

何を買うという予定はなかったのだけれど、あれこれ見て回って、「これ、何かに使えないかな?」などと考えていたら少し元気になりました。
脳って、ふだんと違うことをさせてやると喜ぶんですね、きっと。

◇◆◇

そういう意味では、買う予定はなくても服を見て回ったり、雑貨屋できれいなものを見て「いいなー...もし買えたら、あそこに置いて...」などと想像するのは、脳にごちそうを与えているような時間なのかも。

ま、そんなリクツを考えなくても楽しいんですけど。
posted by つきっつ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。