2005年02月02日

幸之助さんが泣いているぞ

引き続きジャストシステム頑張れ派として書いてオリマス。
「泥酔論説委員」さんが指摘されているとおり(2月2日の記事)、今回の判決は同じ原告、被告、裁判長、同じ特許、別のソフトで争ったときには松下が負けています。

条件として前回と異なるのは、
前回:「?」マークだけだった
→「?」は文字なので、これはボタン」と認められた
今回:「?」の横にマウスの絵が描かれている
→「これはアイコン」と判断され、松下の特許に抵触する
と。

ですが...問題の画面を見ると、これって「ツールバー上のボタン」ですよね。WindowsのUIに関する説明では明確に「ツールバー ボタン」と定義されているはずなんですけど...

あと、Microsoftのページ(こちら)では、「?」と矢印を組み合わせたボタン(松下は「アイコン」と呼ぶはず)の画像を載せて
ヘルプ モード ボタンは次のような外観です。
と書かれているんですが、これとどう違うんでしょう。

裁判の争点としては、とにかく日本の裁判所がアイコンと認めるかどうか(だけ)が重要だ、ということなんでしょうけれど、ジャストの言う「当社が負ければ、世界中に問題がおよぶ」のほうに正しさ、大義を感じます。

□Microsoftは「うちのOSに表示されるコレはボタンですよ」と言っている
□ジャストシステムも「ボタンだ」と主張した
□松下は「アイコンだ」と言ってジャストシステムを訴えたけれど、Microsoftにケチを付けたりはしない

「Microsoftとジャストシステムが同じことをやっていても、ジャストシステムだけ訴える」というのは法的には問題ないでしょうが、世界の大松下の判断としていかがなものなんでしょうか。
恥ずかしくないのかな。

幸之助さんが泣いてるぞ

# 最初に書いた記事の末尾に、いくつかリンクを集めました
posted by つきっつ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 一太郎裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「一太郎」と「花子」が販売差し止め
Excerpt: ジャストシステムが控訴を表明し、ただちに販売停止という事態にはならない
Weblog: 流れにまかせるコト
Tracked: 2005-02-03 20:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。