2006年06月07日

「けがれ」とか「みそぎ」とか

しつこく村上ファンドがらみで短く。

どうもモヤモヤをうまく表現できないのですが、1点に絞って。
それは「けがれ」です。

世の中の反応(マスコミだけ?)を見ていると、「いけないこと」をしたら人格含めて全否定という傾向があると思うのですが、その延長でしょうか、その人に関わった人も「怪しいぞ」という目を向けられる。

与謝野サンが村上氏から政治献金を受けてたなんてことが(10万円が4回だから、村上さんにしてみれば小銭)記事になってましたが、こんなことにも記者は唇とがらせて突っ込むんだろうなぁ。

◇◆◇

高校野球の出場辞退とか、汚職で議員辞職しても次の選挙で当選したら「有権者が許してくれた」、「みそぎがすんだ」、「もう過去の罪はチャラ」とか、個別の行動を細かく評価するよりも「あの人(団体)はキレイかキタナイか」の○×評価って感じが。

で、けがれている人は仲間はずれ。
自分たちと違う人も仲間はずれ...だけど、愛嬌があったり何かしらのオーラがあると一発逆転で「神」になる。一神教の神じゃなくて八百万(やおよろず)の神のひとりだけど。

もうちょっと微妙な味わい(?)をすくい上げて人を評価できないもんでしょうかねぇ。

ちなみに私は、以前から村上氏の「買い占めて、脅して、売り抜ける」やり方が大嫌い。でも会見で言っていたことの一部は聞くに値すると思う、という立場です。
posted by つきっつ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18932320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。