2006年06月14日

メモしかもクロスポスト

はてなの方に書いたもののコピペなんですが。
なんだか仕事のしすぎで体も頭もオカシクなってきた感じで、落ち着いて調べて落ち着いて書くなんて当分できそうにない気がするので、と言い訳。

福井総裁が村上ファンドに1000万出資、の件です。彼はおぼっちゃんぽいのか何なのか、ちょっと危機感足りなかったねぇとは思いますけど(突かれやすいポストなんだから、臆病に気を配ってないとこの国では生き延びられない)、マスコミや野党の騒ぎぶりを見て...なので、何か書こうと思って、はてなの方に、こんな思いつきメモを書きました。

・出資がいけないことだと言うのなら、いつからいけなくなったのか?一番古いのは「そもそもすべきじゃなかった」で、最新は「村上氏が逮捕されてから」。中間は「総裁就任時」。

・逮捕されてなかったら、調べもしなかっただろう。

・「逮捕」→「悪いヤツ」というお墨付き→触れた人間を叩く(えんがちょ)

・村上氏の行動は、ファンド設立当初から「100%の悪」だったのか?彼の行動の功罪を分析したマスコミはどれだけある?功績側について、福井氏が応援しようとしたのは間違った行動だったのか?

・マスコミのアホはともかく、野党は、辞めろというのならば、少なくとも彼と同等の能力がある次期日銀総裁候補の案があるんだろうな?それを考えるのは政府、自民党の責任だ、などと逃げるつもりじゃないだろうな。

・しかしまぁ福井氏もノンビリやさんというかなんというか。金融政策に絶大な影響力を持つ人間が銀行と郵便局以外を使った投資をすることは、ほめられたことじゃない気がする...ってのも酷だけど。やる気が出ると思うんだけど、日本はどうしてもこういうときに「公」=「お上」のものは正しくて、「私」のものはちょっと...という意識になりそうだし。あぁだからTVで言っているのをちらっと聞いたがアメリカには「ブラインドファンド」とかいうものがあるらしいな。

◇◆◇

なんかですねぇ...「どうせ高い給料もらって、えらい人だってことで持ち上げられていい気になって、今の地位が大事なんだろ」みたいな卑しい発想、視線で眺めている記者の顔が容易に想像できて鬱&怒り。

能力の高い人は、その能力を十分に発揮できるポジションにいることがうれしいんだと思うんですよね。日本経済は彼の前任者のせいで...もごもご。
その点、彼は今の日本にとって貴重な存在じゃないのかな?
「だからといって不正、わがまま、居直りが許されるのか!」って、血相変えてるそこのおじさん、村上氏逮捕という「天下無敵の通行手形」が出るまでは、村上ファンドへの出資者を調べて叩くっていうアクション、取ってました?

そして、村上ファンドへの主な出資者はアメリカの大学だということですが、そっちをイジメる予定はないの?

・・・イカン、つい書いてしまうし、思いつきが指先に直行だし。
現在、ほんとーに少々イカレタ状態でして...

■6/15追記:小飼弾さんのブログ記事、相変わらずナイス。
私が今回の福井総裁にorzとなったのは、額が多かったからではない。額が少なかったからだ。「庶民からかけ離れた?」日本では庶民がそれくらいの預貯金を持っていることになっている。定年退職まで同じ会社に努めて退職金が1000万を切るというのだってむしろ稀だろう。
などなど。ちょっと今は書く余裕がないのですが、小飼さんの書いていらっしゃる角度からも眺めてみたいな。
空腹時に李下に立つべからず
posted by つきっつ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19280053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。