2005年02月20日

政治家の皆さん、全員「あとちょっと」

ニッポン放送の騒ぎで、永田町方面からの発言がたくさん出ていますが、産経新聞に(当事者ですね)まとめて載っています(こちら)。

単に突っ込みたくなるだけのものもあれば「ま、そういう考えもわかる---自分はそういう立場じゃないけれど、そういう人がいるというのは当然でしょう」と思うものも。

でも「ナルホド!」と唸らせてはくれる人はいなかったです、残念ながら。

個人的に一番惜しいと思ったのは、小池さんの
株式用語で支配という言葉を使うが、メディアに対する支配を金融用語で語る堀江氏は、支配される側の気持ちがわかっていない
「気持ち」でまとめちゃいましたかぁ、残念。
前半は良かったんだけどなぁ。

もうちょっとクールに、ちょっと意地悪く短い言葉で批判してくれたらちょっと尊敬してたのに。

「それはちょっとさぁ」と思うのは、メディアは特別なんだから市場原理だけじゃダメ、みたいなことを言う人が何人もいるということで、市場原理にゆだねられるのがまずいなら上場しなければいいのです。

資金調達に便利だし、僕たち大株主がお金持ちになれるから上場しまーす、でも市場原理に支配されるのはいやでーす。
これじゃあまずいと思うわけですよ。
いいとこ取り狙いのわがまま。

あ、それで連想しましたが、青色LED訴訟の中村さん。
彼も日本企業的な「会社が面倒見るから自由に研究してよい」環境で得た成果を「成果に対する報酬は努力した人が最大限受け取るべき」というアメリカ的精神で評価してもらおうとしたという意味では、いいとこ取り狙いかもしれませんね。
posted by つきっつ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2038372

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。