2005年03月25日

某サイトの予言が当たった?

フジテレビがSBI(ソフトバンク・インベンストメント)と提携してどうのこうのというニュースが(こちら)。
これはまぁつまり、孫正義が「堀江はイヤだろ?どうせITだったらオレの方がいいだろ?」と迫ったという...

なんてことをアクセス数の多いブログで書いたら叩かれるんでしょうから、そういう発言は私も(ちっぽけなサイトであっても)慎まなきゃいけないですね、はい。
えーと、上記は「そういう歪んだ解説をするケシカラン人もいるかもしれませんね」という話であります、あくまでも、はい。

堀江は鉄砲玉であって、見えないところで全体の絵を描いている人間は別にいる、裏で孫正義が動いているぞ、というようなことを(適度にあいまいに、しかしそういうふうに解釈できるように)早い時期から書いていたのは、例の「焼酎の名前」サイトです。
どうやら、その予言(というか早耳情報でしょうか)どおりになったようですね、小規模ながら。■3/25追記:「自慢」が載っているかな、とチェックしたら、次のような書き出しで短い記事が載っていました。
フジサンケイについては、2月18日あたりからぼちぼち書いているように、本サイトの予測がほぼぴたりと当たりました。この情報を生かしきれなかったフジサンケイグループは本当に残念でなりません。
ご覧になりたい方で、サイト名がわからない方は、こちらの記事を参考になさってください。■

プロ野球のときも、突破口を作ったのは堀江氏で、「IT業界の企業もそろそろ」という話になったところで楽天、ソフトバンクが入ってきました。

今回もライブドアがわぁわぁと世の中を騒がせて...という感じのストーリーにも見えます。
ただ、堀江氏も今回は単なる「突破口を開けるだけの役目」に甘んじてなるものかという感じが漂っていますね。
でも...うさんくさいんですよね。それも孫正義のうさんくささよりもスケールが小さい感じ。
投資家心理を手玉に取った株式分割で時価総額を上げて、それで次々に買収?
なんだか結婚詐欺とか釣り銭詐欺とか、そういうチープなにおいを感じてしまうんですよね。

孫正義は、うさんくさいながらも、その「うさんくささ」パワーでADSLをがーっと普及させ、日本のインターネット環境を大きく変えました。
それに対して堀江氏は...ブログですか?seesaa の方がいいですよ(笑)
いや、マジで。

なんか話がずれまくり(as usual)ですが、今日はちょっと酔っぱらってまして...おやすみなさい


posted by つきっつ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。