2005年03月27日

大西さんの記事を読んで

毎日チェックしている大西 宏さんのブログにあった「ラジオも青春を取り戻せ」というエントリ(こちら)を読んで「異論」を持ちました。

次のようにコメントを書き込んだのですが、
・堀江氏は「違法でないのなら何をやってもOK」という精神の持ち主に見えます。
・堀江氏の対フジの手法は「こすい乗っ取り屋」そのものだと思います。
・大株主と、その大株主が送り込む役員が「怪しげな人たち」になるならば取引を停止する(出演拒否)、という行動は合理的だと思います。
・タレントは、別のラジオ局に出演することによってリスナーと向き合うことができます。「当社の製品は××スーパーには卸さないけれど○○スーパーでは売ります」というのはOKですよね?それと同じでは?
・取引先(タレント)に信頼されないことは大株主、経営者の責任です。
もう少しだらだらした言い方で書いてみます。

一般的な上場会社Aがあります。新興企業Bがあります。
Bは、大型分割に絡む大衆投資家心理と子株還流までの需給薄を「活用」して、株価を企業の実力以上に持ち上げ(そして、その後の急落で大怪我する人を出し)、膨張した時価総額を利用して株式交換で買収を繰り返します。

「えげつないやり口だ」と一部の投資家や経営者に馬鹿にされ、反感を買っています。

そのBがAを買い占めます。公開買付による敵対的買収ですらなく、密かな買い集めによる「乗っ取り」です。その結果、A社の取引先(出演者)の一部が「経営があんな連中にコントロールされている会社とは付き合いたくない」と(?)、取引停止(出演拒否)を宣言します。
---この部分に対する突っ込みは当然あると思うのですが、それについては後ろで書きます。

このような状況のとき、常に、その取引先を「A社の製品を買っている客(視聴者)の方を向いていない」と非難できるでしょうか。
ニッポン放送の防衛策が無効とされたことに関連して、大株主が暴力団などの反社会的組織でない限り、現経営陣はその株主による支配を拒むことはできない、というような解説がありましたが、「反社会的とまでは言えないんだろうけど...」というような物言いの「けど...」に含まれているものは、単に「若くて生意気なのが気に入らない」だけではないと思うのです。

◇◆◇

そして、ラジオはニッポン放送だけではありません。タレントは、他局の番組で視聴者を楽しませればいいのではないでしょうか。
タレントを引き付ける魅力がないラジオ局として淘汰される、それも含めて経営陣、大株主の責任だと思います。

◇◆◇

さて、上に書いた「突っ込みがあると思う」というのは、「もともと彼らは、もうラジオなんて出たくなくて、これを口実に使っているんだろう」というヨミです。
まぁそうかもしれません。
が、それは今回の話からは少しずれるので、パスさせていただきます。一言だけ言うのならば、「そういう口実に使うことができてしまう(少なくとも一定数の人々が納得してしまう)」ということを重視したい、というところでしょうか。


posted by つきっつ at 14:53| Comment(6) | TrackBack(2) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして.大西さんのブログでお教え頂いてどうも有り難うございます.つきっちさんのお書きになっていることは間違いとは思いませんが,タモリや和田アキ子の行動はちょっと唐突だと思いませんか?今までも放送局をめぐっていろいろ話題がありましたよね.アメリカでは芸能人や音楽家が,特に環境問題や企業のイスラエル支援などでボイコットするようなことはあっても,日本では聞いたことがありません.それからトラックバックした記事に書きましたが,芸能人が降板することで誰が最も傷つくか,を考えていただきたいと思います.乗っ取りを企てた方も悪いが,乗っ取られた現経営陣も責任があります.しかし一連の出来事にニッポン放送の社員は全く責任がありません.今回のタモリ等の発言は私は不当だと思います.基本的に彼等は売り出し中のアイドルやお笑い芸人と違って,ラジオの仕事などに大した価値はありません.ラジオ側からお願いされて,今までのしがらみで仕方なくスケジュールの合間に収録されるような物だと思います.ニッポン放送がフジサンケイグループの一員でなければ,彼等が番組を降板することは無かったと思います.
Posted by tantanmen at 2005年03月28日 06:25
tantanmenさん、こんにちは
もりだくさんのコメントなので、きちんとお返事しようとすると長くなってしまいますね。
一応、なんとかひとことずつ。

・「日本では聞いたことがない」→聞いたことがないからよくない、とは言えませんよね。そもそも今回の買い占め騒ぎでは「聞いたことがない」ことがいっぱい(笑)
・「誰が傷つくか」→「申し訳ないけれど○○スーパーで買ってください」かも。
・乗っ取られた側にも責任あり→そのとおりですね。ならば「現経営陣もダメだし次の経営陣も嫌い。さようなら」はありえますね。
・「社員には全く責任がありません」→「全く」とは思えません。そう思う理由は色々ありますが、1つだけ言うと、「ライブドア来るな」の声明を出したナントカ会は、経営と一般社員をつなぐための組織でした。

ただ、たしかに「唐突」という印象は受けます。そこから「誰かに頼まれたのでは?」と”想像”することもできそうですね。
...が、それはあくまでも想像です。

そして、
>ラジオの仕事などに大した価値はありません.
これも想像ですね。彼らがどう思っているか、確かめることはできません。
たしかに、
>今までのしがらみで仕方なくスケジュールの合間に収録
かもしれません。
が、しつこいようですが、それは想像です。
彼らがお金だけを追いかけていると”断定”することは失礼じゃないかなと思います。

「タモリ倶楽部」が始まったのは、「笑っていいとも」とほぼ同時期。彼を支えているナントカさんが、タモリの「精神的バランス」のために用意したそうです。彼はもともとかなりアングラちっくな人ですからね。
また、彼の出発点が深夜放送であったことから、ラジオに愛着を持っていてもおかしくありません。
みのもんたも未だにラジオをやっていますね。

想像の上に考えを組み立てることは私もしますが、「前提が不確かである」という自覚は欠かせないと思います。
大西さんのところにtantanmenさんが書かれたコメントを読み返すと、「想像」の上に組み立てられた断定という感じがしませんか?
この点をちょっとお考えいただきたいという気がします。

余裕があったら、また記事を書くか、tantanmenさんのサイトにコメントさせていただこうと思います。

では。
Posted by つきっつ at 2005年03月28日 09:18
あ、補足です。
私も、彼ら(降板予告をした人たち)が
・「100%自発的」に
・「ライブドアという会社のやり方に反対」という理由だけで
行動したとは思っていません。
それは、ありえないでしょうね(^^;
でも、その部分は想像のウエイトが大きくなるので、そこから先にはあんまり進まない、進むときは、自分に言い聞かせるためにも、「これは想像」と文字にする、というのが私のスタイルです(そうありたいと思っています)。
Posted by つきっつ at 2005年03月28日 09:41
素早いレスポンス有難うございます.確かに私の書いていることは推測に基づく部分がかなりあります.でもそもそも芸能界や放送業界について書いているのですから伝聞やら推測の部分が大半を占めるのは致し方無いところではあります.基本的には色々な情報を選択したり,強調したりは各自の自由ではないか,と思うのです.つきっちさんの考えが正しいかもしれません.タモリや和田アキ子さんとは一面識もありませんので.私が強調したかったのは,もっとうがった見方もあるだろう,マスコミの書き方は一面的じゃないのか,ということです.もちろん私のサイトはライブドアーですので中立的じゃないことは確かです.この騒動,どうもライブドアーは昨年同様当て馬だったというのが私の印象です.今日の北尾氏と堀江社長の会談で少しは明らかになるでしょうが,当て馬にせよ,ライブドアーも何らかの報酬を手にするのではないか,と思います.でなければ昨年の楽天と争って負けたにも拘らず外資からお金を融資できた理由がわかりません.なかなか面白い話題で色々な見方や考え方があって良いと思います.つきっちさんの意見も参考になりました.長文になりましたが失礼いたします.
Posted by tantanmen at 2005年03月28日 10:21
あ、ちょうど今、もうひとりのTBをくださった「玄倉川の岸辺」さんのサイトを読んで、tantanmenさんにお勧めしようと思っていたところです(仕事をしなきゃいけないんですが、今日はやる気が出ない...)。
なかなかおもしろいですよ。たぶんtantanmenさんとは大きく考えが異なると思いますが、それだけに。
「いなげや」さんのコメントもオススメ。

なお、「当て馬か?」については、二階堂ドットコム(もう名前出しちゃおう)には2月から「孫と北尾が裏にいる」と書かれていました...
Posted by つきっつ at 2005年03月28日 10:38
ありがとうございます.私も仕事をする振りをして(笑)このレスを打ち込んでおります.ブログの方がいろいろな意見が飛び交っていて面白いですよね.新聞やテレビも(もちろんラジオも)斬新な切り口でニュースを見せてくれないと,視聴者も離れていきそうですよね.二階堂ドットコムも拝見させていただきました.それでは今後ともよろしく!
Posted by tantanmen at 2005年03月28日 10:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ニッポン放送をめぐる報道の不思議
Excerpt: ニッポン放送の議決権を掌握するために必要な50%の株式をライブドアーが獲得したというニュースが先週流れました.ソフトバンク・インベストメントのフジテレビ株保有のニュースに隠れてしまいましたが,一方でタ..
Weblog: 花崗岩のつぶやき
Tracked: 2005-03-28 06:27

タレントはファンを大事にする義務がある     …のか?
Excerpt: ネットの楽しみは、自分が思いもよらない考え方に出会えることにある。 以下に引用させていただく文章も、私にとってはそういう種類のものであった。新たな考え方を示してくれたvirtual-lifeさんにまず..
Weblog: 玄倉川の岸辺
Tracked: 2005-03-28 07:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。