2005年03月29日

急に心配になって「誰の応援団でもありません」宣言

■3/29追記:できれば関連エントリ(1つ前とか記事内のリンクとか)と合わせて読んでいただけると大変うれしゅうございます...■
最近、フジサンケイvs.ライブドアの話をいくつか書いていますが、風呂の中で急に心配になりました。

どなたのブログか忘れてしまったのですが、
この問題を取り上げると、書き方によってはエキサイトした人たちが攻撃的なコメントを大量に書き込んで、いわゆる「炎上」状態になる、自分はそれが怖いので、ここにコレコレを宣言する
というようなことが書かれていました。

で、私も怖くなったのです。まぁ、これを読んでいる方は少人数ですし、私は世の中に向かって強い主張をしているわけでもなく単に「こう思うんだけどねぇ」と呟いているだけなので、神経過敏なのでしょうけれど、ちょっと落ち着かない、と。

◇◆◇

私はフジもライブドアもソフトバンクも応援していません。

堀江氏の数々の手法には疑問を持っており、彼のことは好きか嫌いかと言えば嫌いです(「やっぱり堀江氏は嫌い」など)。
しかし自分の精力を傾けて罵るほど嫌いではありません。
いや、この言い方は不正確で、そういう好き嫌いに大きな精力を傾けられるほど純粋じゃないです(笑)

また、過去の記事にも書いたとおり(「堀江社長は好きじゃないのですが、それでも」)、彼を叩こうとしている「旧勢力」の人々を応援する気もありません。

フジサンケイグループについては、
・そもそも村上ファンドの大量保有で「ニッポン放送を通じてフジテレビをコントロールできてしまう」ことが騒ぎになってから今までの長期間、なんにもしてないってどういうこと?
・既得権益にしがみつく姿だねぇ
と思いますが、その程度の「愚かさ」(と敢えて言ってしまいます)は世の中にゴロゴロしているわけで、話題になったからといって急にそれだけを取り上げて非難する気にもなれないなぁというヌルイ気分です<ここらが「純粋じゃない」という自覚のゆえんです。

◇◆◇

フジもライブドアもソフトバンクも応援していない、と上に書きましたが、「堀江はけしからん」、「堀江がんばれ」、「フジけしからん」、「タモリの出演拒否はリスナー無視だ」などなど、応援または強い非難をなさる方と私の大きな違いは、私は誰のサイドにも立つ気がなく、自分の立場でしかものごとを見ることができない、ということじゃないかと思います。

感情移入ができない、と言ってよいかもしれません。

◇◆◇

村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」だったと思いますが、主人公が「何に関しても好き嫌いはあるはずだ」とか言われて「じゃあキミは地平線についてどう思う?円周率は好きか嫌いか?」のように言い返すシーンがあります(不正確だと思います。村上春樹ファンの方、ごめんなさい)。

それを思い出しました。

あと、名ぜりふの宝庫、映画「カサブランカ」でハンフリー・ボガートが言う
I'm not fighting for anything any more except myself.
も、だらだらと脳みその隅から流れ出てきました...
■追記:↑のセリフの日本語訳(映画の字幕の「正式版」)を探したのですが、見つかりませんでした。「俺はもう、自分自身のため以外、何のためにも戦わない」だったかな、と思うのですが、きわめて不確かな記憶...■


posted by つきっつ at 02:16| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。TB返しさせていただきます。

どこが「天声人語」? この件でこういう意見にあうとほっとします。以前の記事で書かれた、
>ルールを「破らない」のと「守る」というのは、法律的には同じでも精神としては違うと思うんですよね。
「守る」というのは、ルールに明文化されていない「ルールの精神」を尊重することじゃないかと。
には肯きました。というか、私が堀江について考えたのも、エキブロでそう書いた人が居たからです。

私もそういった点、それと「物を作る人間」の神経をヤスリで擦ってくれるような言動故に、彼は大嫌いです。彼がフジを支配するというのは望ましくないです。でも、といってフジ派ではないと。それがどうしてわかってくれないのと(笑)。
この問題に関して言うなら、フジがフジを持ち続けている方がまだまし、という感じですね。それもかなり苦衷の選択(笑)。つうか、別に選択なんかしたかないんですが(大笑)。なんで選択しなきゃいけないのか、株主じゃないのに。

だもんで、そんな風にモノ作りの最末端であがいている身ですから、ニッポン放送の社員の方には些か同情的かもしれません。上はヌルいわアホだわで頭痛いけど、堀江にだけは来てもらったら「困る」っての、わかるよなあと。

そのボギーの台詞は、私も好きです。そしてそう言った主人公が、最後にはレジスタンスの逃亡を助けるように、そういった自己認識の上でしか、大文字の正義は語れないのになあ、と思います。
Posted by acoyo at 2005年03月29日 12:41
ごめんなさいっ!
うちのエキブロ恒例のTB不全で(ブロガー泣かせ)、Tbが三本も行ってしまいました。
申し訳ございません……消してくださいませ。
こういう女ですが、これからもよろしくお願いいたします。今、端座して自己批判しつつも、エキサイトを呪っています。
Posted by acoyo at 2005年03月29日 13:44
acoyoさん、こんな辺境の地までお運びくださり、ありがとうございます。
>どこが「天声人語」?
いや、小心者なもんで。
それにしてもコトバ、文の切れ味が良くて気持ちよいなぁー(うっとり)

>そういった自己認識の上でしか、大文字の正義は語れないのになあ
これは深いですね。正義を掲げている人って往々にしてはた迷惑で...僕はそういうのを「十字軍」と呼んでいますが(笑)

では、こちらこそどうぞよろしく。TBの件は、はい、了解しました。よかったらseesaaにお引っ越しくださいませ〜
Posted by つきっつ at 2005年03月29日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

リスナーを無視してる無視してるって、あなたがたリスナーなんですか?
Excerpt: タモリ、倉本聡氏ら番組降板申し入れ  いえね、もう堀江のことは聞き飽きたし、どうでもいいんだけどね。  ただ、堀江が好きな人は、何でそう、「リスナーのことを考えてない」とか「リスナーの立場..
Weblog: きょうのわたくし
Tracked: 2005-03-29 13:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。