2005年03月30日

ま、ごもっともですが(あえて「ニュース−芸能」)

フィギュアスケートの安藤美姫選手に関する取材、記事に関してスケート連盟が自粛を要請したそうです(毎日新聞)。

競技のことだけでなく私生活も追いかけていて、本人や周りが迷惑しているし、彼女は未成年だし、競技にも影響出るかもしれないし、肖像権侵害も、と。
ごもっともであります。

雑誌の吊り広告で、「本当の彼氏は」とか出ていたのを見ましたよ、そういえば。

が。

彼女は実力があって、しかもかわいい(容姿が美しい)。
そういう「ナイスな素材」なので、テレビCMにも出てますね。
「未成年」だけど、おそらく高い出演料を受け取っている。
いや、もちろん「頼まれて」というのもあるでしょう。

けれど、イヤな言い方をすれば、
・スケート連盟も「彼女を利用してフィギュア スケート人気を高めたい」と考えて「出演歓迎」と考えている可能性は高く、
・彼女の周囲も「お金が入ればトレーニングにかかる費用も助かるし、おいしいものも食べられる」と期待して当然。
もっとイヤな言い方をすれば、彼女は「売られている」ワケです。この資本主義の世の中で、「商品」になった。そして、彼女も彼女の周囲もそれを受け入れているから、ニンテンドーDSのCMに彼女が出ているわけですよね。
かわいい笑顔を文字どおり「売り物」にして。

もちろん、「商品」だったら私生活を根こそぎ暴かれても我慢しろ、とは思いません。
が、ちょっとね...なんとなーく、御都合主義のにおいがうっすらと...まだ「ちょっと」ですが、「ん?この気配はあっち方向かな?」と思わせるものが...

あ、私の気にしすぎですか、そうですか、そうですね、きっと。
ごめんなさい、どうか気にしないでください、いじめないでー


posted by つきっつ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。