2005年04月27日

福知山線の事故報道で気になっていること2つ

次の2点に関してマスコミの突っ込みがないことが気になっています。

1. 事故直後くらいには、「このカーブは設計上、時速133Kmを越えると転倒する(越えないと転倒しない)」という情報が繰り返し流されました。ときには、「しかし当該車両は120Kmまでしか出ない」という情報がくっついていました。
この情報はJRが記者会見で述べたのでしょうかね。うっすらと「原因はスピード以外に(も)ある」と言いたがっている雰囲気を感じました。

しかし、この133Kmという数字については1回だけ(その局または番組だけ?)、画面の下の方に映ったカッコ内の注意書きとしてのみ、「乗客が乗っていない状態」を想定ということが示されていました。

車両の重さは30トンだと言っていました。7両で500名あまりの方が乗っていたので、1両あたり70名強。ひとり50Kgで3.5tです。33.5tで再計算した数字を知りたいとは誰も思わなかったのでしょうか。

2. 1分半の遅れを取り戻そうとしてスピードを出しすぎていたのではないか、ということが繰り返し語られています。
20年以上前の話なので今はどうなのかまったくわかりませんが、当時の国鉄...ですね、まだ...では、「1分以上早く着くか、30秒以上遅れると罰金」と聞いたことがあります。
さきほどもテレビに「1分半(たかが1分半というニュアンス)の遅れで、なぜそんなに焦ったんだ」と言いたげなコメンテーターが出ていましたが、JR西日本の罰則規定についてマスコミは調査、質問していないんでしょうか。

また、ちょっと脇にそれますが、上記のコメンテーターのような方々は、都市圏の鉄道のダイヤが細かく管理されていることをご存じないのかな、とも思いました。電車の最前部に乗って運転席を覗くと、秒単位の時刻が書き込まれた運行表(というのでしょうか。名称不明)が置かれていますよね。
posted by つきっつ at 09:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JRのパンクチュアリティを責める時に、
社会がそれを要求しているという視点がない、
と2ちゃんで論じられてました。
現実に「快速○分の遅れ、通勤客何万人の足に影響」とかって記事になることもあるじゃないですか。
JRに責任が無いとは金輪際言いませんが、何がJRをそうさせてきたのか、マスコミも少しは考えろよと思います。それでは置き石や運転手個人のせいにしようとしているJRと何の違いもないと思います。
Posted by acoyo at 2005年04月28日 14:04
30秒程度の遅れぐらい、と思うのがある意味では「健全」なのでしょうけれど、ラッシュ時にダイヤが乱れると、特にほかの線と接続している駅では、あっという間にホームに人があふれる事態になるのですよね。
電気が止まったら大混乱に陥る社会を作り、電車が遅れたら大騒ぎになる都市に住んでいるのは我々ですよね。
Posted by つきっつ at 2005年04月28日 16:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。