2005年05月05日

オーバーランを見つけるのがマスコミの仕事?

先日の事故以来、毎日のようにテレビや新聞で「xx線のxx駅でオーバーランxxメートル」と報じられています。

世間、つまり私たちの関心が集中しているから「伝えるのが使命」であり、「実はこんなにいっぱい起きているんですよ」と言いたいのかもしれません。
あんな事故が起きたのに全国の電鉄会社は「注意して運転しろ」と指示していないのか、と非難したいのかもしれません。

しかし、個別のオーバーランを報じ、会社から謝罪コメントを引き出して正義の味方のような顔をするのがマスコミの使命なんでしょうか。

オーバーランだけに注目するにしても...
あの事故の前、全国で1日何件くらい起きていたのか?
事故のあと、それは増えたのか減ったのか変わらないのか?
最近5年、10年、20年で件数は増えているのか減っているのか?
駅の数や営業キロ数あたりの発生件数は?
ATSの導入によって事故やオーバーランはどの程度減るのか?

いくらでも調べること、調べられることはあるでしょうに。

全国に網を張って、今日もまたどこかでオーバーランを見つけるたびに記事にする。
やがてほとぼりがさめて報道しなくなる...
そうなる前に、傾向、背景、大きな意味での原因、自分たちの世の中がどうなってるのかを掘り下げんきゃいかんでしょうに。

◇◆◇

幼児虐待が騒ぎになったときも、急にニュースが増えましたね。しかし統計上は急増したわけではないそうです。■5/7追記:「急増」してないどころか「増えていない」のだそうです。ただ、自分でソースの統計に当たったわけではなく、本の紹介記事で読んだ断片情報です。■

多くの人が「そんな事件があるのか」と気付き、問題意識を共有するのはよいことだと思いますが、個別の事件をセンセーショナルに伝えるだけでは、単なる「話題」で終わってしまいますよね。

■5/7追記:ちょっと話が飛んだ感じがするので補足しますと...「ここでも虐待」、「ここでもオーバーラン」と騒ぎ、記者会見場で吊し上げみたいなことをして満足するのでなく、もっと掘り下げろよ、ということです、ハイ(Tak様にTBをいただいた後で補足しています)■


posted by つきっつ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

JR西日本と我々の 「業」
Excerpt: 近頃のマスコミの 「JR の重箱の隅つつき報道」 に疑問の声をあげているブログが
Weblog: tak shonai's "Today's Crack" (今日の一撃)
Tracked: 2005-05-07 13:07

■JR西日本報道:マスコミは神様?■
Excerpt: JR西日本の報道は益々加熱しています。事故の悲惨さや亡くなられた方の無念。通勤・通学で我々一般市民が身近に利用する電車で起きた事故であることなどを考えると、この事故の報道によりその他の事故報道が片隅に..
Weblog: 世の中不思議で面白い
Tracked: 2005-05-09 23:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。