2005年05月30日

カップラーメンのお湯

■2006/6/17追記:はてなの人力検索で、「日清カップヌードルにはお湯が何CC必要ですか?」という質問を発見(ここ)。雌伏1年ついに来た(笑)■
くだらない疑問なのですが...カップ麺の類の「つくりかた」の説明って、お湯を何ccわかせばよいか書いてあるものを見たことがないんですが、なぜなんでしょう?

理由として思いつくのは次の3つ。

「300cc」と書いたけれど実際には310cc必要だった、麺やかやくの量が変わったので320cc必要になったけれど変更し忘れた、といったときに文句を言われるのが困る
→「何cc以上」とか「何cc程度」とかで逃げればいいじゃん!

電気ポットにお湯がいつでもたっぷり沸いている
→そうじゃない家だってあるのは簡単にわかるじゃん!というか、登場したばかりの頃はみんなやかんでお湯湧かしたでしょ。

そんな必要性、考えたことがない
→カップヌードルが登場して何年経つと思ってるんだ。今まで誰も思いつかないなんてあり得ない!

僕は主に最初の理由じゃないかと思っているのですが、真相はどうなんでしょう。5年以上前からときどき「なんでだろうなぁ」と思っては、尋ねる相手がわからず...日清食品にメールすれば答えてくれるのかな?

全国でガス、水道の無駄がちょっとは減るだろうし、「うわっ!お湯が足りねーよ。味濃ゆ〜」って人も減るかと思うんですけれど(そんな人いないか)。


posted by つきっつ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

カップ麺
Excerpt: 「カップ麺」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べ...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline
Tracked: 2005-06-01 22:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。