2005年06月14日

カウンタ数値とセキュリティ

なんとなくカッコイイ気がして、そしてちょっとした手応えがほしくて、忍者システムズのカウンタとアクセス解析を設置しています。

そして、seesaaにも基本的なアクセス解析機能が備わっています。
以前、wakiさんの記事がきっかけでseesaaのアクセス解析の数字とサードパーティのアクセス解析の数字が違う理由を自分なりに考えて書きましたが(こちら)、つまり
・seesaaのデータは、自分のサーバー内にある記事(ファイル)が呼び出されるのをカウントしているので、漏れはない。しかし、本人による記事の投稿や変更、サイトの再構築など、「ブログとしての画面」を表示するのでない場合もカウントされていると思う。
・サードパーティの場合、記事のソース側(seesaa)からデータを集めることはできないので、読み出した側(今これを読んでいる方)のPCから「このファイルを読み込んだよ」という情報をもらう必要がある。そのためにJavaScriptを使い、アクセス解析にはさらにCookieも使うのが標準的だと思う。
・RSSリーダーでindex.rdfを読んだ場合、サーバー(seesaa)側では把握できるが、サードパーティでは無理。

なので、当然seesaaの数値のほうが大きくなるわけですが、忍者との差が拡大中です。
index.rdfの分を除いてもseesaaのほうがざっと3倍。ページビューの開きはもっと大きくて10倍以上。

これは、セキュリティを気にしたり「解析ツールで自分のPCを覗かれている感じがイヤ」ということでJavaScriptやCookieをオフにする方が増えてきているからなのかな、と思います。
だとしたら、喜ばしいことかもしれません。

まぁ、それにしてもJavaScriptとかActiveXとか、便利なものは使い方によって危険、面倒という好例ですね。
posted by つきっつ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4357120

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。