2005年07月19日

ほんとに178円?

ソニーのICレコーダーを持っています。メモリの内容は、USB接続でPCに取り込めるのですが、専用ソフトが必要。
ところがそのCD-ROMを間違って捨ててしまったみたいなんですね。
そして、PCのトラブル時にディスクを再フォーマットしたので、ソフトは消滅。

実は、そのことに気付いたのはずいぶん前なのですが、差し迫った不便はないので何もしていませんでした。
というか、すごくめんどくさがりやなもので。
が、こういう「片づけていない宿題」or「がらくた」を整理する運動をぼちぼち始めているので、よっこらしょと行動することにしました。

ソニーのWebに行くと、ソフトのアップデートプログラムはダウンロードできるのですが、本体はダメ。製品購入者以外にはあげないよ、ということなんだなと理解。
そういう姿勢から察すると新たに入手するのは難しいのかなと思いつつ、金曜の夜にメールで問い合わせたのですが、なんと休日の今日、3時過ぎに返事が来て「紛失の場合は購入可能。在庫、価格はサービスステーションに問い合わせを」と。

で、サービスステーションのリストのURLを書いてくれていたので調べると、年中無休という文字。さっそく電話すると、「はい。ソニーほにゃららのIです。」という感じの良い女性の声。
最初から名前を名乗るって、いいですねぇ。

で、用件を話すと、「調べて折り返し」とのこと。なかなかかかってこないので、マイナーな問い合わせだから苦労しているのかなと思いつつ、暑さに負けて昼寝。
やがて電話の音で目が覚めて出ると、「たいへん遅くなって申し訳ありません」と先ほどのIさん。注文する必要があるので数日かかりますが、よろしいでしょうか」。
「いくらですか?」
「消費税込みで178円です」
思わず脱力して少し笑いかけてしまい、「はい、お願いします。」

最初のメールに、「ソフトとUSBケーブルのセットを5,775円で売っている」なんてバカ高い値段が書かれていたので、「3000円です」とか言われるんじゃないか、そしたらどうしようなんて思っていたので拍子抜け。

ソニー、いいやつじゃん。

これを書いていて、あれは昼寝から起きたばかりの脳味噌がぼけていて聞き間違えたんではないか?1,178円とか2,178円じゃないか?などという気にもなってきたのですが、170円プラス消費税5%で177.5円。合ってるもんなぁ。
それにしても178円なんて、おれと2回電話で話したIさんの人件費と電話代だけで、もう赤字じゃないか?
製造業のアフターサービスって大変だなぁ。
posted by つきっつ at 01:16| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
◇自己コメント
今日、受け取ってきました。本当に178円でした。在庫管理システムがちゃんとしているんだなぁ、と伝票をしげしげ見てしまいました。
「産地」が「JP」にフムフム。
「CCM」が「N」に、「おぉー、COCOMの対象品じゃないって意味だな」と軽く感動。そうか、電気製品とかソフトウェアって、そういうことも考えなきゃいけないのねー。大変だ。
ありがとう、ソニーさん。業績持ち直すといいね(^^)
Posted by つきっつ at 2005年07月21日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ICレコーダー
Excerpt: 「ICレコーダー」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/life
Tracked: 2005-07-22 00:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。