2005年07月21日

20文字で動詞5つ(^^)

フリーランスの私も、最近は某所に通って仕事をしておりまして、毎日電車に乗っています。
で、「夏の交通安全運動」とやらのアナウンスを聞くのですが、これがどうもねぇ。

駆け込み乗車防止にご協力をお願いします

ま、わかりますよ。
でもね、なんで息継ぎナシで発声できる、漢字混じりで書けばたった20文字の一言に
駆け込む
乗車する
防止する
協力する
お願いする
と、5つも動きを表すことばが出てくるの?

いや、防止も協力も名詞だ、と、このセリフを考えた人は言いそうですが(言わないか)、そうやって「名詞」にして扱うから「主体」がわからなくなるんですよー
いや、これはかなりマジメで、自分にとっては深〜い主張です。

誰が防止するの?
誰が協力するの?

乗客が駆け込んで乗車することを
我々は防止したい
乗客のみなさん!協力してね
と、我々はお願い中でアリマス。
ってことかな?

それとも
さぁみんなで防止しましょう!
かな?(キモチワルイ)

もっと単純に
駆け込み乗車はおやめください
じゃなぜいけないのかなぁ?

◇◆◇

と、ここまで考えて、このメッセージは20年、30年、50年、80年前ならどうなっていたんだろう?その言い回しと日本人の思考パターンって、どういうふうに関係しているんだろう?と妄想が...

駆け込み乗車防止にご協力をお願いします

駆け込み乗車防止にご協力ください

駆け込み乗車はおやめください

電車に乗るときは駆け込まないでください

走って電車に飛び乗るべからず

走るな!


不快に思う人がいるかも、と、どんどんオブラートが厚くなっていくのかなぁ。
関係ないかもしれないけど、最近やたらと「〜させていただく」が多いのは気に入らないなぁ。堂々と「〜します」と言ってくれよぉ。
posted by つきっつ at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「〜させていただく」が多いのは気に入らないなぁ。堂々と「〜します」と言ってくれよぉ。
心から同意でございます。覚悟も責任もない「誰に向かって言ってるんだよ」的呼びかけの言葉は聞き飽きました。言葉のオブラートが、相手の感情を損ねまいとする配慮からではなく、己の責任を曖昧にする目的でしか使われてない場合、とても醜い言葉になるなあと思います。
Posted by acoyo at 2005年07月22日 19:06
そうそう、そうなんですよね。責任回避。
低姿勢というか腰が引けているというか。
まぁ、人の弱みをしゃぶりつくすマスコミに嫌われないように、とビクビクしている人もいるのかもしれませんが...
Posted by つきっつ at 2005年07月23日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。