2005年07月31日

安全運転と正義の運転

最近は昼間、家にいないので、宅配便や配達記録(昔は書留だったけれど、配達記録は効果がほぼ同じで料金が安いんですよね)を受け取れません。
で、先ほど車で郵便局に行ってきました。

途中、乱暴な運転の車があって一瞬ムカ。
こういうとき、「こらしめてやる」みたいな気持ちになること、ありませんか?
「オマエの運転がオレに恐い思いをさせたってことを思い知らせるために、オマエと同じような乱暴な追い抜きを、ほれ、こうやって、ほれ、鼻先に割り込んでやる!」みたいな(やりすぎだ...)

まぁここまで熱くならなくても、「こちらが正しくて相手が間違っているということを思い知らせ、相手が今後、間違ったことをしないように、こらしめてやろう」というような気持ちは(単に「アッタマ来た」だけなのに、そういう理屈を付ける場合も含めて)、多くのドライバーが抱いたことがあるのではないでしょうか。

それは「正義を広めるための運転」かもしれないけれど、決して安全運転ではないですね。

◇◆◇

北朝鮮に対して経済制裁を科すべきだと主張する「救う会」の方々や安部晋三氏のことばを聞いていると、「安全運転かどうかを考えている場合ではない。正義の運転をすべきだ」と言うことなんだな、と感じます。

圧力をかければ彼らは屈服するに違いない、つまり今は成果が得られていない各種の案件について進展が見られるだろうと彼らは言いますが、国民を奴隷扱いしている国の独裁者や取り巻きが、我々の想像力が届く範囲の思考回路を有していると考えるのは、かなり危なっかしいと思います。
何をするかわからん連中だと思いつつ(きっと思ってますよねぇ、僕も思う)、同時に「こうすりゃあぁなる」と期待するのは、矛盾している気がするわけです。

彼ら、特に安部晋三氏ら政治家の発言から感じられるのは、「馬鹿にされていてよいのか」、「こらしめてやらねば」、「正義を貫くべきだ」という精神論、感情論、つまり「正義の運転」をしろという話で、「こうしたほうがよい結果が出る」、すなわちこれが安全運転なのだという冷静な説明は全然出てきていないように思います。

それって、第二次大戦のときと全然変わってないんじゃないの?と思います。

いや、家族を北朝鮮に拉致された方々の発言は、安全運転指向でなくてもやむを得ないと思います。感情むき出しでもよいと思うのです。

けれど政治家は、「こらしめてやる」というような、国民の感情をあおるような方向に行動するのではなく、もっと冷静に分析してほしいのです。エゴを捨てて。我々のエゴを煽ることもせず。

我々の「こんにゃろ」とアクセルを踏みたくなる気持ちに訴えかけず、「馬鹿にされたままでいいんですか?」というような言い方をせず、「経済制裁をすれば、このようになって、こうなるので、日本にとってよい結果が得られます」と説明してほしいのです。

そして、「よい結果」というのは「正義を貫くことができて気持ちよかった」ではなく、「平凡な日本国民が平凡で幸せな未来を手にすることができる」ことだと思うんですね。
てなことを書くと、「そういうのは腰抜けだ」と言いそうな人の顔が100人くらい頭の中に思い浮かぶのですが、でも「大日本帝国」の意地を見せてくれる!みたいな感情論のために特攻機に乗せられ、敵艦に当たる前に撃墜されてしまった二十歳の若者がいたのは、今からつい60年前のこと。

早めに降伏していれば、彼らは今ごろ孫と携帯電話で話すのを楽しみに暮らす平凡なおじいちゃんになっていたかもしれません。

◇◆◇

導火線の短い僕でも、隣に女の子が乗っているときわめておとなしーい運転ですよ。
政治家のみなさんは1億3000万人を乗せて運転しているんだから、安全第一でお願いしたいなぁ。
posted by つきっつ at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏ボケなんで、気の利いたコメントがかけなくて申し訳ないのですが、そんなボケた頭にも気持ちよくすっと染みいるエントリでした。
Posted by acoyo at 2005年08月01日 20:11
いやいや、おほめいただいたので読み返してみたら、なんだか直したいところが...
昔、誰かの本に「一度書いてから長さを半分に削ってみろ」と書いてあったなぁ...
Posted by つきっつ at 2005年08月02日 08:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5493882

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。