2005年09月06日

今度の選挙は難しい、けれど

今回の選挙、テレビでちらりと世論調査の結果を見たら、「ぜひ投票に行きたい」が8割とかで、びっくりしました。
今までそんなに高い数字が出たこと、あるんでしょうか。

で、「今回、迷うよねー」という話を何人かとしました。
総じて、
・郵政民営化以外にも大事なことはたくさんある
・今回の民営化法案の中身はイマイチ(らしい)
・道路公団のときも最後は反対派がニヤニヤ笑っていたテレビ映像が象徴するような骨抜きに終わったしなー
・小泉のやり方は強引で気に入らない
・30兆円の国債発行枠を守るという公約を守れなかったのを「大したことない」とか、イラクについて「自衛隊の活動している地域が非戦闘地域」だとか、国民をナメてる
などなど不満はあるものの、

・国鉄民営化はあれだけ揉めて遅れたけれど、この在任期間で道路公団も郵政もやるってのはやっぱりすごい
・今回を逃したら、あと10年、20年改革ができず、その間に日本経済はズブズブと沈んでしまうのではないか
と考えると、

・やっぱり自民党に入れるのが正解ってことなのかなー
というあたりが主流。

◇◆◇

小泉氏が巧みだと思うのは、多くの方がおっしゃるとおり、
・郵政に焦点を絞ってしまい
・そのモノサシを使って、「自民党が最も "改革的" だ」というイメージで売り込んでいる
ことだと思います。改革を訴えている民主党が、自民党よりも腰が引けているように見えてしまう、そんな状況を作ってしまったもんなぁ、と感じます。

民主党が政権を取ったら、自民よりもすばらしい改革をやってくれるかもしれない。
でもなぁ...ちょっと不安。と、思っちゃうんですよね、私も。
その点、小泉自民党は、これだけ言ってるんだから少なくとも郵政だけはやってくれそうな気がする。そして、そこを足がかりにさらに...と...うーん、私も彼の催眠術にかかっているんでしょうか。

参議院のメンツは変わらないので、再び否決という可能性は十分にあるはずなのですが、でもなんか技を繰り出してゴリゴリっと通してしまうんじゃないか、という気がなんとなくしてしまうから不思議です。

自分も彼に騙されているのかもしれません。
そして、「小泉さんになら騙されてもいい」などとは全然思いません。
けれど、「今の日本の状況を考えたら、彼に賭けてみるしかないかねぇ」という気分にさせられちゃってます。
posted by つきっつ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6627825

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。