2005年09月13日

今さらシロートくさいことを書くのも気が引けますが

まぁ自分のためのメモ、ということで今回の選挙についてめもめも。

・自民多すぎ。今日のTVタックルでやっていたが、得票数では自民は民主の1.3倍にしか過ぎないのに議席数は2.7倍になった、と。「小泉さんは小選挙区制というのをよくわかっていた、ということ」というようなことを民主の安住氏が言っていたが、なるほど。

・民主が減った分が自民に行った
・社民が+2(そのうち1つは自民党が当選しすぎて比例区の名簿の人間を "使い切って" しまったための「おこぼれ」だけど)、共産が現状維持、ということは意識すべきかも。
たしかに自分は「つかえねー。現実見てねーし」と思ってはいるけれど、彼らに期待している人たちがいるってことは、大事じゃなかろうか

・亀井静香が「国民のみなさん、目覚めてください」とやっていた。
まぁ、あんたにゃ死んでも言われたくないが、たしかにこうやって1億3千万の人間の国が1つのテーマで一方向にがーっと動きうることの危険てのは意識しなきゃ。

・頭のおよろしい方々は、小泉の作った道具立てに乗って踊ったオツムの弱い国民よ、てなことをおっしゃるんだろうけれど、小泉純一郎が利権狙いで郵政民営化をずーっと主張し続けているのでないことは誰でもわかるし、日本がオカネの面で危いらしいってことはオツムが弱くても感じ取れるし、郵貯の金が特殊法人に回って...なんてテーマをふだん政治に興味のないような人が昼休みにしていた選挙だったわけだし今回は。

・それにさー、あちこちのブログを見ると、知的な人がけっこう「今回は自民に入れざるを得ない」ってな態度だったりするわけですよ。その意味を考えてほしいですな。文春系の人たちとかにはさ。

・自分が自民党の中堅議員なら、今後1年間でポスト小泉の座を狙って、その後3年間で好きなように日本を変える、って夢を描く...かな。
でもまぁ、土壇場になって小泉が「説得されてやむなく」続投、というのが本命じゃないでしょうかねぇ。

・世論が一方向に傾くのは恐いと言ったり、結果を尊重しろと言ったりで、どうも自分の考えもフラフラしちゃうけれど、まぁなんとかこの「権力」を賢く使って古いシステムからの訣別を進めてほしい。
あ、その意味で堀江氏の演説にあった「亀井先生、今まで広島6区をありがとうございました」は名言かも。人口減少、地方分権、ネット社会、という時代に「まずは中央と結ぶ道路、鉄道」という発想の人たちは、もういらん。

・300議席もやったんだから、ちゃんと日本を立て直せよ、ってことで監視しなきゃいけないよなー。その意味でマスコミの責任は大なんだが...うぅ、ここが大きな弱点だ。
ブロガーのみなさんの活躍...も、まだまだ勢力小さいしなー

あ、早く寝なきゃ。最近寝不足...
posted by つきっつ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

衆院解散と言う名のテロ
Excerpt: 11日の衆院解散総選挙は自民の圧勝で終わり 国民が小泉首相の郵政民営化ただ一つだけを支持した 形となり自公連立で全体の3分の2以上の議席を 獲得し正しく歴史的な勝利を収めた事になる 僕は今回が..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-13 07:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。