2005年10月09日

野田聖子さんには反対を貫いてほしかった

野田聖子議員が郵政法案に賛成の意向を表明したそうですね。
残念。
というか、やばいんじゃないの?という感じ。

私は、妥協の産物でいまいちな法案であっても、とにかく今は民営化を進める方がよいと思っています。そして、自民党圧勝(小選挙区制というのはコワイねぇ)は小泉独裁やらなんやらへの危険な状態に結び付くという言い分は「はぁん?」という感じで聞いています。

しかし、野田聖子さん、あなたには反対を貫いてほしかった。なぜ反対かというのを説明し続けてほしかった。
あなたは利権狙いじゃなくて本当に「信念」で「民営化反対」だったんじゃないのか?
他にも同様のことを言いたい人は何人もいるけれど、あなたの必死の訴え、涙はなんだったのか。
...って、知り合いじゃない人にこんなとこで呼びかけたって無意味なんですが。

「たしかな野党が必要です」って自分で言っちゃう共産党はどうかと思いますが、でもたしかな反対派というのは間違いなく必要じゃないでしょうか。切磋琢磨がないと刀はなまくらになる...
いや、単なる「砥石」としての価値しかないというのではなく、
・国民の意思が一色に染まることはあり得ないのだから(染まったらマズイ)、国民の代表として反対意見を述べるのも大事な仕事(それは野党に任せる、ということかな...)
・どんな判断もそれが間違っている確率は常にある程度存在するのだから、それを指摘する役目は必要
ですよねぇ。

国民の声に従うと言うけれど、なんだか自民党に「許しを請う」ために変節したようで、残念だなぁ。


posted by つきっつ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。