2005年10月12日

そういえば松下...

わざわざカテゴリまで作っていた一太郎訴訟、魂が抜けたようになって休んでいた期間だったので何も記事を書かなかったのですが、読んでいただくほどのモノは書けないにしろ、自分のためのメモとしてちょっとだけ。

ジャストが逆転勝訴、松下の特許は進歩性がないので無効という「やっぱり正義が勝つのだ」という結果になってめでたし。
マウスの絵と「?」記号を組み合わせてあるから特許だ、なんていうトンチンカンな地裁判決がそもそもおかしかったのですが、いやぁよかったよかった。

で、ここのところ騒ぎになっている「のまねこ」問題。
2chで生まれたAA(アスキーアート)に「インスパイア」されたというキャラを商標登録しようとしたAvexが2chで叩かれ、一部のお馬鹿さんが殺人予告の書き込みなんかをして...ってやつですが、あのAvexの行動、ある意味では松下の特許につながるなぁと思いました。

すでに存在するアイデアの権利を自分のものにして金儲けを狙う、と。

権利ビジネス、商標/特許戦略というのが企業にとって重要であることはわかりますが、その「儲け」は、自分で新しいものを作りだし、世の中のひとを喜ばせる対価として手にすべきものであるという、ま、ある意味恥ずかしいような正論ちっくなこと、けれど実は一番大事なことが抜けていたんじゃないかな、両社とも。

で、そうやってセコイ権利ビジネスを狙う人たちって、自分たちの権利が侵害されることには当然のように敏感で、AvexはCCCDを率先して導入しましたよね。もうあきらめたみたいだけど(2004年9月のプレスリリース)。

ちなみに、2月の判決のときに600円から500円へとストップ安を食らい、その後低迷していたジャストシステムの株価は、6月に380円の底値。じわじわ上げて6月24日に出来高を伴って大幅上昇、500円台を固めると8月半ばから確変モード。9/21には一瞬2985円まで噴き上がりました(これはいくらなんでも過熱で今は2000円くらい。でも3か月で約4倍)。応援団としてちょっと買っておけばよかったかも。
posted by つきっつ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 一太郎裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。