2005年11月05日

箱根メモ

帰りにちょっとビールを飲んだら、寝不足の頭がもうろうとしてきてしまったのですが、せっかくなので忘れぬうちにメモ。

今日の箱根は快晴。私は長袖Tシャツ(秋物なので薄くはない)+薄手の長袖シャツ+フェイクレザーのブルゾン--という呼び名でいいのかな?ジップアップものです--という格好で、電車の中では暑かったのですが、午後の芦ノ湖湖畔では少し涼しいくらいでした。

渋滞がひどいはずと思って電車で行きました。箱根湯本からはすし詰め電車を避けてバス。10時頃の箱根湯本から仙石原方面は渋滞もなくスムーズでした。

しかし仙石原周辺は人が多くて風情なし。まぁ自分もその風情低下に一役買ってしまったわけですが、近所の空き地の風景を見たときの感動の方が大きかったなぁということで、残念。

のんびりリラックスできる場所がないなぁと不完全燃焼気分のままバスで桃源台へ。芦ノ湖湖畔でちょっと和むものの、うーん。

で、小湧園まで歩き、そこから箱根園までの3キロの歩行者/自転車専用道の散歩が本日のベストでした。人も少なく(すれ違ったのは6人だけ)、けっこう静か。

◇◆◇

帰りのバスは、箱根園→箱根湯本→小田原という路線は国道を通るので「湯本まで順調にいって2時間、たぶん2.5時間、下手したら3時間」と言われ、30分後に出発する「箱根新道経由小田原行き」に。

途中のバス停で「次のバスなら座れますよ、15分後くらいに来ますが」と言われて(40分くらい立つことになる)「いや、いいです」と乗っていらした夫婦と思われる30代前半くらいの男女。ごく普通の方だったのですが、「意志」とか「哲学」とかを感じさせる顔付きで、「まっとう」という感じのオーラが強く出ており、私はなんだか反省気分に。

姿勢良く立ち、知性的で穏やかな笑顔で話していらっしゃるおふたりを見て、「よいなぁ。俺は分不相応に高い車なんぞを持っているが(今どきの世間水準としては格別高くはないのですが、生活のバランスとしては高すぎ)、こうやって電車とバスでも楽しめるもんな。車のシートにのんびり座っているのでなく、バスで長時間立っていてもいいんだよな、足腰強けりゃ。姿勢がよくて、ほら、楽しそうに話してるし」などと。

まぁ、そのおふたりが成城の豪邸にメルセデスS500とBMW Z4を所有していらっしゃる可能性もあるわけですが、ポイントは「立ち姿の美しさ」と「ステキなお顔」でありまして。

「50歳で賢く」という方向は(関連記事)あぁいう感じの人になっていくことかもな、と思いました。
posted by つきっつ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9003079

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。